東京ダモイ (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (9)
  • (18)
  • (19)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :137
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764407

作品紹介・あらすじ

舞鶴でロシア人女性の遺体が発見された。時を同じくして抑留体験者の高津も姿を消す。二つの事件に関わりはあるのか。当時のことを綴った高津の句集が事件をつなぐ手がかりとなる。60年前極寒の地で何が起こったのか?風化しても消せない歴史の記憶が、日本人の魂を揺さぶる。第52回江戸川乱歩賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリーとしても読ませるが、物語の鍵となっているシベリア抑留に関する描写に引き込まれた。フィクションではあるものの、巻末の参考文献には数々の手記が並んでいて、抑留経験者の証言に忠実に書かれたのだろうと感じた。戦中戦後を題材にした本や映像は数あれど、シベリア抑留というものにはあまり光が当たらない。声をあげている経験者がたくさんいる。あげていない経験者はもっとたくさんいる。この歴史的事実が、時代の流れとともに影をひそめてしまわないことを願う。

  • 鏑木氏のデビュー作。

    シベリア抑留
    俳句の謎解き
    老人の社会貢献
    かそけき恋
    自費出版の社会的価値

    モチーフが多すぎて
    焦点が定まらない印象を受けた。

    ただ一人、高津の正しさだけが
    最後まで純粋で美しい。

    推理の過程は複線で進み
    多くの人がからんでいて複雑すぎる。

    俳句の解読なんて…もっと
    興味惹かれるはずなのに。

    つまりは盛り沢山すぎて
    全体の構成要素から
    勝手にいくらか間引いて
    読みやすくして読み進める
    しかなかったからだろう。

    まだまだ、今の鏑木氏が持つ
    筆力は感じられない。

    少しずつ、最近の作品まで
    読んでいこうと思う。

  • 単なるミステリーに留まらず、戦争がいかに人を狂わせていくか、丹念な取材をもとにしたと思われる大作。

  • (「BOOK」データベースより)
    舞鶴でロシア人女性の遺体が発見された。時を同じくして抑留体験者の高津も姿を消す。二つの事件に関わりはあるのか。当時のことを綴った高津の句集が事件をつなぐ手がかりとなる。60年前極寒の地で何が起こったのか?風化しても消せない歴史の記憶が、日本人の魂を揺さぶる。第52回江戸川乱歩賞受賞作。

    乱歩賞はあまり信用しないというか、はっきりいって今後活躍が期待される新人賞ぐらいのものなので、あまり期待しすぎてはいけないと思いながら読むようにしています。
    が、これは久々に乱歩賞物読んでよかったと思わせる力量のある本でした。盛り込みは多いですが、シベリア抑留という悲劇への言及と、人間の品格みたいなものが良く書かれていて胸を打ちました。
    ただ乱歩賞という足かせによって、起承転結で結が間延びしてしまったような気がします。僕的に謎解きってがっちり書かなくても良いと思っていて、この話ならもっと人間ドラマとして押して行ったらもっといい作品になったんじゃないかと思います。
    あと、刑事と出版の人の両方が等分に役割が割り振られていて、どちらが主体がぼやけているような気がしました。これならばもっと出版の側に重きを置いた方が面白かったかなあ。

  • 舞鶴でロシア人女性の遺体が発見された。時を同じくして抑留体験者の高津も姿を消す。二つの事件に関わりはあるのか。当時のことを綴った高津の句集が事件をつなぐ手がかりとなる。60年前極寒の地で何が起こったのか?風化しても消せない歴史の記憶が、日本人の魂を揺さぶる。第52回江戸川乱歩賞受賞作 というのがあらすじ。

    シベリア抑留中のエビソードがあまりにも凄絶で、ミステリとしての面白さがどこかへ行ってしまった感じ。力作。

  • 太平洋戦争、ましてやシベリア抑留体験を書くというのは、戦争を知らない世代にとってはかなり勇気のいることではないでしょうか。しかし著者が高津二等兵の手記というか、句集で描いた世界は圧倒されるものでした。よくここまで書けるものです。
    事件はこのシベリアでの殺人が後に尾を引く形で起こります。やや無理があるようにも思えますが、読んでいてそれは感じられません。むしろこの壮大な話がどう収束していくのか、ページを繰る手が止まらなかったです。張り巡らされた伏線が回収されていく終盤は圧巻です。また前半のみしか出ない高津氏の人柄にも惹かれましたね。

  • この作者の本は初めて読んだけどなかなかの佳作。シベリア抑留については特に目新しい話ではなかったけど、上手いことミステリーに絡めたなと。

  • シベリア抑留、俳句、自費出版、老人自活施設と
    団塊の世代以上の読書好き年配者を
    想定読者に据えたかのような骨太の社会派ミステリー。
    たぶんそんな意図はないんだろうけど。

    戦後の動乱期、ふとしたことから大罪を犯したが
    罪が露見せずに数十年が経ち、今では地位もある
    名誉もある自分がやるべき仕事もある身になり
    過去の過ちを隠すためにまた罪を重ねてしまうという作りは
    松本清張の名作、あるいは『飢餓海峡』のそれに近い。

    俳句をトリック解明のキーに据えた試みは
    物理トリックやアリバイなど理詰めの思考とは趣きが違っていて
    575の文字から情景を想像しながら考える面白さがあった。

    イルクーツクの俘虜収容所(ラーゲリ)での過酷な抑留生活に関する
    描写に力が注がれており、タイトルと相まって
    作者の熱量を感じた。

  • 140912

  • テーマはいいけど、文体というか、表現力というか、なんだかよみづらかった。

全25件中 1 - 10件を表示

東京ダモイ (講談社文庫)のその他の作品

東京ダモイ 単行本 東京ダモイ 鏑木蓮

鏑木蓮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

東京ダモイ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする