獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.40
  • (1198)
  • (804)
  • (248)
  • (12)
  • (6)
本棚登録 : 6101
レビュー : 606
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764469

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年11月

  • 2010/05/10読了
    イマイチ。
    ファンタジーは好きだけれど、こちらは微妙でした。講談社から出版だし、もっと大人も読めるファンタジーかと思ったけれど、そうでもなかった。
    出だしの母親の処刑シーンまでは引きこまれたけれど、主人公の性格が内向的すぎるし、進みも遅い。一巻だからなのかさらりとしすぎていて、印象にのこる部分がなさすぎる。
    何が話題になっているのか全く伝わらない。つづきが読みたいと思わなかった。うすっぺらすぎて、十二国記が好きな方にはおすすめできない。

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)のその他の作品

獣の奏者 I 闘蛇編 単行本 獣の奏者 I 闘蛇編 上橋菜穂子

上橋菜穂子の作品

ツイートする