獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.47
  • (1138)
  • (658)
  • (186)
  • (5)
  • (5)
本棚登録 : 5037
レビュー : 491
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764476

作品紹介・あらすじ

カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく-。新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「王獣編」。王獣に魅せられたエリンは彼らのそばで働けるようカザルム学舎に入学し、エサルにその力を買われて幼獣リランの世話を任される。

    人に慣れない闘蛇や王獣を音無し笛で操り、特慈水を与えて管理することに疑問を感じたエリンは、危険を承知でそれらを用いずにリランを育て上げるのだが…

    争いを嫌う真王を神と崇め守るために穢れた闘蛇を操り、武力をつけたはずの大公、だが次第にその関係は歪み…王獣と心を通わせてしまったエリンはその政治的な争いにも巻き込まれていく…

    それなりの頁数があるにも関わらず一気に読まされてしまいます。3.4巻図書館にあるかしら…

  • 闘蛇編から王獣編とこれほど一心不乱に本を読んだのはいつ以来だろう。
    ファンタジーでありながら人間と自然(獣)の共存に対する強いメッセージを感じた。
    読んでいる時、無我夢中で時間も忘れて読んだ。
    読み終わり、この素晴らしい本とそのメッセージについてとても深い感動がじわじわとこみ上げてきた。
    一生にこの思いを何度感じることができるだろうか。
    いい本に出合えた。

    それでいて、単純に面白い本でした。

    最も心に残る場面は、リランがエリンの手を食いちぎりエリンは、音無し笛を吹く、その後に初めてリランとの対面場面。
    その情景は何度読んでもとても切なく悲しい。

    読み終えて何かすっきりしない感覚が残る。
    エリンという1人の娘は、幸せだったのか。
    リランと過ごした日々はエリンにとってもリランにとっても幸せであったのか。

    いつか続編を読みたいと思う。
    そこには、エリンの満ち足りた幸せがあると切望しています。

    ナウシカを思い出しました。

    大切な人からいただいた本です。
    何十年もずっとずっと大切にしたい本になりました。

    • 9nanokaさん
      私もこんなに夢中で本を読んだのは久しぶりでした(^^)続きが早く読みたいんだけど、じっくり読みたい気持ちもあってじりじりするというか…面白か...
      私もこんなに夢中で本を読んだのは久しぶりでした(^^)続きが早く読みたいんだけど、じっくり読みたい気持ちもあってじりじりするというか…面白かったですね(^o^)
      幸せかどうかで言ったら、不幸だとは思います。多分信念を捨てれば幸せに生きられたんじゃないかと思いますが、できないタイプですよね(^_^;)
      私もリランに噛まれたシーン、とても切なく思いました。絆を失ったかと思いきや、最後は…みたいな展開がまたよかったですね。
      2015/06/22
  • とても壮大なファンタジー。

    私が今まで読んだどんなファンタジー小説よりも、リアルだ。
    これほどまでに、細部に渡って緻密に作りこまれているものを読んだ事はない。
    国、政、王獣規範、それを生む事になった歴史。ディティールの細かさと、そしてその表現、全てがこのリアルさを生む要因だ。

    特滋水、音無し笛、王獣との距離を縮めないように巧妙に造りこまれた王獣規範。なぜ規範が定められたのかが分かった時、物語の真髄に触れる事ができる。

    読み易い、そして豊かな表現の文体も魅力的だ。
    情景が脳内に広がるのを感じる事が出来る。
    まるで私も王獣と共に光を浴びた様な気分になり、闘蛇の匂いをかいだ気がした。

    後2冊と外伝。またこの感覚を味わえると思うと歓びを感じる。
    本来ならここで終りの所、続編を描いて下さった作者に、本当に感謝している。

  • 読んでいて感情を持って行かれる.決して,剣や魔法がでてこなくともファンタジィだし,ファンタジィ世界の中で人の愚かな業という重苦しいテーマを描き切ることができるのだ,と確かに明示している.ファンタジィは決して子供だけのものではなく,万人に通底した共通世界なのだ.

  • うわうわうわ。鳥肌立ちまくりだった…!
    続きがあることに感謝いたします。動物大好きだから竪琴のシーンは震えながら読んだ。心と心を通わす、なのに裏切られ、さらにまた違う側面に出会い。
    素晴らしすぎて、言葉もないです。

    ずーっと読んでる間スキマスイッチの「雫」が頭の中で流れていました。

    戻れないある一点、か。深いなあ。

  • アニメをちらちら見ていて、
    面白いなぁと思っていた作品。
    でも内容より、スキマスイッチの6拍子の曲の方が印象が強かった。

    今回は、本屋さんで見かけて、
    母が薦めていたのを思い出して手に取ったのだけれど、
    思ったよりはるかに面白くて、どんどん読んでしまった。
    児童文学、というよりは、大人向けな印象。
    (作者もあとがきに子供向けに書いたつもりはない、と書いている。)

    内容は難しいし、背景もあまり明るいものではない。

    けれど、文章が丁寧でとても読みやすいものでした。
    好みがあるかもしれないけど、
    私はかなり好きでした。
    続編も追って読むかなぁ。

  • 守り人シリーズが信念の物語であるならば、獣の奏者シリーズは決意の物語であるかもしれない。
    エリンは若すぎるが故に熱情に動かされているようにも見えるけれど、その熱情がすべて「知りたい」という衝動に突き動かされているのがすごい。「掟」や「戒律」に縛られる大人には生まれ得ない衝動に若いエリンが動かされる姿はエリンの成長物語にも見えるのだが、裏には大人たちの政治が動いていることも、物語の重奏さを生み出しているのだろう。
    これは面白かった。読んでいて純粋にわくわくする物語だった。

  • いつのまにか脳内で、エリンがナウシカに、ダミヤがクロトワに変換されていく…。

  • 『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』読了。
    2ヶ月ぶりに…最後の場面でグッときました…主人公の切実な願いと裏腹に王国の戦争に巻き込まれていってしまう展開でとてもハラハラしました。人は愚かだな。知らないことに加え欲のために行動してる様が愚かだなと思った。ファンタジーだけど、現代でも通じると思う
    2017.5.14

  • ちょっとずつ 楽しみながら 読むべし
    と 思っているものの
    ついつい あまりに 面白くて
    すっかり はまりこんでしまっている

    登場する人物への
    感情移入を
    思わず知らず
    してしまっている

    主人公(エリン)だけでなく
    脇役でも
    それはそれは
    魅力ある人物(獣)として
    描かれる

    この心地よさは
    本当に
    本を読むことの 至福 ですね

    冬至に向かって
    一刻ずつ 夜が長くなっている
    帰宅するのが楽しみである
    むろん
    次のページを繰るために

全491件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)のその他の作品

獣の奏者 II 王獣編 単行本 獣の奏者 II 王獣編 上橋菜穂子

上橋菜穂子の作品

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする