科戸の風 梟与力吟味帳 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『冬の蝶』から始まって、もう7冊めになる。
    藤堂逸馬を含む三人組の幼馴染に、女性2人のかけ合いも良い。
    今回の第1話 科戸の風~第4話の鎧の島が、書かれている。
    『科戸(しなと)の風』って、一切の罪やけがれを、綺麗さっぱり吹き払ってくれる風のことなんだそうだ。
    知らない言葉が、出てくる。
    遠山の金さんの袖口からチラッと見せる刺青の効果も、この話に出てくる。

    老中水野忠邦、鳥居耀蔵との、ことの真相を解明する為のやり取りが、ついついこのシリーズに、のめり込ませる。
    もう、梟与力吟味帳は、これぐらいにと、思いつつ、またもや、読んでしまった時代小説だった。

  • 相変わらず南町奉行鳥居耀三との戦いが
    こんなに具体的に「悪の奉行」が歴史上
    実在したことを忘れないもんね(腹立つ!)
    頑張れ大将!

  • もう7冊目だよ

  • 梟与力シリーズ・7

  • NHKのテレビで見た記憶から読み始めてみる。記録からすると3,6巻は読んでいるようであるが、少しテレビとごっちゃになっているようである。
    水野の改革に絡む、遠山北町奉行と鳥居南町奉行の対立の中、藤堂逸馬吟味方与力が幼馴染の二人と女二人に助けられながら、主として、幕府内部の悪事をも暴いていく展開のようである。
    本巻は7巻目にあたり、そろそろ水野老中と鳥居の対立が始まったころか。
    本巻もそうであるが、どうも鳥居サイドが強引過ぎて気になる。それと水野老中がどうしようもなく感じられる。
    変に背景を考えずに読めば、背後にどうしようもない巨大な悪がいて、それに立ち向かう正義の若者、このパターンでいいかも?

  • 信三郎の母親がならず者に襲われて・・・
    相変わらず、二人の与力はすごい。

全6件中 1 - 6件を表示

科戸の風 梟与力吟味帳 (講談社文庫)のその他の作品

井川香四郎の作品

科戸の風 梟与力吟味帳 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする