独眼竜政宗 最後の野望 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764872

作品紹介・あらすじ

徳川憎し!仙台の覇王・伊達政宗は虎視眈々と天下を狙っていた。機は熟したとみた政宗は、支倉常長らの遣欧使節を派遣する。ローマ教皇に謁見して帰国した常長らには、ある重大な密命が託されていた!迫りくる徳川の魔の手。政宗の野望は果たされるのか!?壮大なスケールの戦国時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 片倉小十郎の息子視点。
    これを読み終わったら、遠藤周作の『侍』も読みたい。

    2009/12/02読了
    文体がですます調で少し軽い作品だとは思ったけれど、面白かった。
    本当にこんな野望を抱いていたのかも、いやむしろ戦国時代に少し遅れて来た感のある政宗なので、こういう野望を抱いていて欲しかったという希望も。
    解説は読みませんでした。
    何かこう、いかにも流行におもねるような感じで、この作品が長く読まれたときに、生温かい気持ちになりそう…

    次に読もうと思っていた『侍』が見当たらないorz

全1件中 1 - 1件を表示

志茂田景樹の作品

独眼竜政宗 最後の野望 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする