ビートルズから始まるロック名盤 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764964

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8月22日読了。ビートルズのUS盤「ミート・ザ・ビートルズ」から60年代の最後を飾る「アビーロード」にいたるまで、60年代を彩った名盤50枚を選出、その歴史的意義や聴き所を著者が解説する書。著者が著者だけに、前書きから宣言している通り個人的思い入れや偏りがアリアリと出ている内容だが、そもそも音楽の良し悪しは聴き手が判断するものであり、なまじ中立的とか「誰にでも納得できる基準」などと考え出すよりは、この「熱さ」を味として楽しむのが正しい読み方か。(ザッパ2枚選出は確信犯とは言えやりすぎだが)ディランやビーチボーイズ、バーズ、クラプトンやジミヘン、ドアーズなど綺羅星のようなタレントたちが互いに影響を与え合いながら革新的かつ楽しめる音楽の数々を生み出していた時代、私はまだ生まれていなかったわけだがなんとエキサイティングな時代であったことか・・・!

  • アルバム「ミート・ザ・ビートルズ」から始まっているのが嬉しい。60年代のアルバムにしぼっているのもいい。リアルタイムで聴いていた人には懐かしいビーチ・ボーイズの「オール・サマー・ロング」やデイヴ・クラーク・ファイヴの「ザ・ヒッツ」、そしてレア物のディオンの「アブラハム・マーティン・アンド・ジョン」などのひねりの効いたチョイスから、あれも聴きたい、これも聴きたい名盤50枚が厳選されていて、とにかくエピソード満載、年齢を問わず読んで楽しい1冊だ。

  • ビートルズがどれほど音楽に影響を与えたかわかるような作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年大阪府生まれ。音楽評論家。主な著書に『ロックの歴史』(講談社現代新書)、『マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー』(イースト・プレス)、『現代ジャズ解体新書 村上春樹とウィントン・マルサリス』(廣済堂新書)、『ジャズ・ヒップホップ・マイルス』(NTT 出版)、『超ブルーノート入門』(集英社新書)、『50枚で完全入門マイルス・デイヴィス』(講談社+α新書)、訳書に『マイルス・デイビス自叙伝』(宝島社文庫)等がある。

「2014年 『ジャズの歴史 100年を100枚で辿る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山康樹の作品

ツイートする