そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (126)
  • (174)
  • (135)
  • (41)
  • (11)
本棚登録 : 1878
感想 : 235
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765053

作品紹介・あらすじ

みんな生きてる、やあ奇跡。
怒濤の大阪弁で綴る芥川賞作家デビュー随筆集

純文学界の気鋭として注目を集める著者は、一体何を感じ、見つめ、考えてきたのか。瑞々しい感性と卓越した表現で綴られた、がむしゃらな日常に湧き起こる喜怒哀楽と問いの数々。共感と驚嘆が詰まった、愛らしくて滑稽で深遠な136本を収録。芥川賞作家のデビュー随筆集、初文庫作品。

ドーナツとの激しい距離/サボコを救え!/猫パニック/帰京、もしもし絶対者さん/排水溝の神様おりはりますか/芸術御破算/精神よ、黙って体についていって下さい/刺繡狂想曲あははん/午前四時/退屈凌ぎ自慢in人生/謝ってんのに/浮気相手になりたいのですが/っ頭蓋骨!/私はゴッホにゆうたりたい/宮沢賢治、まるい喪失。/絶唱体質女子で!/家事、なんて難しいの/私が瓦を、瓦も私を、みていた冬/性の感受地帯、破竹のあはん/大島弓子を読めないで今まで生きてきた/さようならサボコ/砂漠、世田谷、銀河/鰯なのだよ/歯で穴をあける/奇跡っつうぐらいのもんで

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 関西弁版「フラニーとズーイ」のくだりを読みたかったわけです。

    私は、川上未映子さんの『すべて真夜中の恋人たち』がめちゃくちゃ好きです。
    だから、そっとしといてください……。
    触れなかったのは、敢えてなんです、今まで(笑)

    とりあえず。
    サボテンのサボ子が定期的に更新されて、再起不能となるところ、悲しかった。

    お姉ちゃんの1000円の勇気も、オカンの頭から流血しながらの、角材全力フルスイングも、なんか、分からんけど、感動した。

    ちなみに、歌手だということは初めて知りました。
    すいません。

  • 読んだことあるような気がするけどまだ読んだことなかった一冊。
    いわゆる未映子節って言うんだろうか、これが多分私は嫌いだったんだけど、でも今は休校中の娘たちがどれだけ部屋で騒いでいようが一瞬で没入してしまえるほどには好きだ。人間って変わるものだなぁ。
    とにかく面白かった。2003年〜2006年のブログ。詩も小説もまだ書いたことのない、音楽活動をしていた頃の未映子さんが書いていた誰もたどり着けないようなブログの文章。ちょうど今の私と同年代だ。
    大好きな夏物語に通ずる思考がたくさん散りばめられているのが嬉しい。
    大阪のDV家庭で育って貧乏で、生まれてきたことを後ろめたく思うかつての未映子さんは不治の癇癪持ちではあるけれど、東京で29歳になった。それは生まれてきた自分と生む自分のはざまの。
    未映子さんはそのあと何年かして作家になって結婚して出産して、夏物語を書いている。
    このブログを綴っていた過去の未映子さんが知らなかった未来を、でも今ブログを(本だけれど)読んだ私は知っていることの不思議について、一生考えていられそう。

  • 読んだことないと思ってたけど、普通にあった。

    これぞ川上未映子という感じ。未映子節炸裂。そういえば初めて読んだときになんちゅうユニークな文章やとびっくりしたんやった。

    川上未映子の文章はほんとにおもしろいなとおもう。大好きだ。

    基本的に書き言葉と話し言葉は、違うものなんだろうなと思う。書き言葉ではなくて、話し言葉を文字にしたような文章たち。

    声に出して読んだらリズムが心地いいだろうなって読んでて思って、声に出して読んでみた。やっぱり声に出したほうがすっと入ってくる気がする。

    思考によって、頭の中でことばがぐるぐるする、あの感じ。
    頭の中を覗き見したような。もしくは未映子さんが話しているのを聞いているような、たのしい読書の時間でした。また忘れた頃に読むんやろうな。

    *****
    2013-2-12
    ずっと読みたいと思っていた本。なんだか支離滅裂なような気がしたり、でも確かになと納得させられることも多くあったり。非常に面白かったです。哲学的。わたし川上さんの考え方とかすごくすきだな。
    わたしももっとこんな風にいろんなことを考えてみたくなった。

  •  小説家としてデビューする前の、ビクターからCDアルバム・シングルを発表しシンガーソングライターとして音楽活動していた時代に、ブログに書き散らしていた断片を抜粋して収録したもの。2003年8月から2006年8月。EPを含めてアルバムを出していたのは2002年から2005年で、本書収録の随筆?雑記?にもしばしば「録音が」などと音楽活動にまつわる事象も触れられるが、記録的な日記としての機能はほとんどない断章なので、当時の詳細な出来事や考えはよく掴めない。
     ビクターからリリースされた彼女の音楽を幾つか聴いてみたが、音楽的に私の好みではない。歌詞がいくぶん独特ではあるが、POP文脈の「きのう語られたように語る」音楽語法にはどうも馴染みにくいものが、彼女の言葉にあったのではないか。
    「こんなことは歌詞にはならない」とビクター側から言われ続けていることが、本書「詞までもが」(2004/12/15、P67)に書かれている。
     POPの歌詞には馴染まない彼女の言語活動は、ブログにおいて極端なまでの自由さで発散された。
     本書、凄まじいまでの気ままなパロールの嵐である。その日その日になんとなく書かれた断章は、そもそも「作品」を目指したものでもないから、つまりコンポジションの意図がほとんどないから、入り口と出口がまったくの異質さを呈していても全然構わないわけだ。
     ここでの言葉たちは、意味内容(シニフィエ)が表示されたかと思うと、次の瞬間文脈が破壊され通常の意味のまとまりを大きく逸脱したシニフィアンが踊り出すかのようであり、それは現代詩と似ているし、20世紀以降の芸術全般がそうであるように一般的な文脈の破壊によって新たな意味の生成を目指しつつある。これらの自在なパロール構成が秘める芸術性は、小説として作品化した『乳と卵』(2008)以降に結実するのである。
     本書の騒がしいパロールの横溢、クセナキス・サウンドを楽しめるかどうかは、人によるのかもしれない。私は川上未映子さんの文学に希有な才能を認めているので、この不思議な主体の遍歴に大いに興味があるのだが。
     林芙美子ほどではないが貧しい家庭に生まれ高卒後は大阪でホステスなどもやって弟の大学費用を捻出した頃から、どういう経緯でシンガーソングライターになりビクターからメジャーデビューした(2002)のか、音楽活動の傍ら本書所収のブログ(2003-2006)を下記つつ、散文詩「先端で、さすわさされるわそらええわ」(2005)が雑誌ユリイカに掲載されたのはどういう流れであったか、その後2006年には突如芝居に出演したのはどういう事情であったか、突然小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」が「早稲田文学」に掲載された(2007)のは何故か、この雑然とした経歴のゆきさつを知りたいのだが、日記にはなっていない本書所収の断章では知ることができない。たくさん出しているらしいエッセイ集のどれかを読んだら、いくらかでも分かるのだろうか?
     本書の雑文の中では、19歳の頃つきあっていた彼氏に浮気されかなり凶悪な所業に至ったことを回想した「私も喪服で生きていたいけれども」(2005/2/28、P91)が、病みキャラっぽくて面白かった。怖い。

  • 町田康みたいやけど、そこはそれ、なんかもう少しこう女の子らしいといいますか、気持ちナイーヴといいますか、違ったところはあるのです。ブログをそのまま転載したようで、わりと私が丸出しに近いところあり。136本から何か選ぶとすれば、笑いと言うことでは「女子部」、ええ話では「結ぼれ」、「私はゴッホにゆうたりたい」、あとキレイなのは冒頭の「夜明け前、」。

  • 私の場合、小説家のエッセイ集を読んでがっかりすることは多々あれど、逆の場合もあるとは思ってもみませんでした。

    どうにも苦手だ、でも読まなきゃ、と謎の義務感で取り組んでいた川上未映子ですが、この一冊で大好きになってしまいました。

    むき出しの(と思わせる)お人柄が。

    しかもこれらはおそらく書籍化など予想もせずブログに書き綴られていた文章群だそうで、ますますいい。
    苦手を感じる最たる部分の文体はいっそう激しく迫ってくるのですけれども、なぜか。

    同居サボテンであるサボコのお話、ご家族のお話、かつての恋人のお話、音楽のお話、愛する書物についてのお話。

    走っていって抱きしめて揺さぶりたくなる魂よ。

    数々の物語を綴り芥川賞を受賞し、いまはここからはるか遠くの地点におられるのでしょうけれども、どうか幸せに穏やかに暮らしていてほしい、と願ってしまう愛おしい一冊でした。

  • 川上さんのエッセイ!
    「全部のあとに残るもの」がおもしろくて、続けて手に取った本です。

    んー、ちょっと期待しすぎた感?
    もともと「乳と卵」を読んで川上さんの文体に少し抵抗があってからの「全部の…」がおもしろくて、川上さんのエッセイならいけるーと思ったという経緯があるからかな。

    でもやっぱり読みにくいとはいえ、川上さんの独特の言い回しと物事の捉え方が魅力的でした。
    また川上さんのエッセイを読みたいと思えました。

  • もっとこの人の頭の中をのぞいてみたいなあと思わせる本でした。

  • 「乳と卵」同様、はじめは文章のリズムに戸惑うものの、読み進むうちに徐々に心地よくなる。
    エッセイの内容は、理解できないもの、思わず笑ってしまうもの、シリアスなもの、泣きそうになるものなど、様々。川上さんは並外れた感性を持っていて、正直で、生きづらそうに感じるが、とても前向きな人だと思う。良い刺激になった。

  • 初めて読んだ川上未映子作品。
    たらたらたらたらと流しっぱなしの水道のように途切れる事無く言葉が流れていく感じ、が私には心地良かった。
    情景を思い起こさせるというよりは、言葉のリズムで遊ぶ感覚。
    歌手であったという過去も少し納得。

全235件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪府生まれ。2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』で第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。2019年、長編『夏物語』で第73回毎日出版文化賞受賞。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。その作品は世界40カ国以上で刊行されている。

「2021年 『水瓶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上未映子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
川上 未映子
川上 未映子
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×