ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (218)
  • (496)
  • (295)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 3023
レビュー : 228
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765251

作品紹介・あらすじ

一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。「スナイプAZ1988」を使えば、困難な食道癌の手術が簡単に行えるという。腕は立つが曲者の外科医・渡海が、この挑戦を受けて立つ。「チーム・バチスタの栄光」へと続く、原点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H30.5.13 読了。

    ・ドラマを観て、読みたくなりました。本だと高階先生はビックマウスって呼ばれているし、手術の腕もそこそこ。
    渡海先生は、「手術室の悪魔」って呼ばれてるのは一緒。でも、ドラマも本も渡海先生の誠実さや優しさを所々で垣間見てしまう。下巻も楽しみ。

    ・「手術は必ず成功させます、だなんて外科医には禁句だろ。そんなことはあり得ないんだから。告知では、きちんと失敗の可能性を伝えることが大切だ。」
    ・「医者はボランティアではない。病気を治すプロフェッショナルだ。」

    • chie0305さん
      読魔虫さん、こんにちは。
      私もドラマ観てます。高階医師、最初嫌な奴だったのに、今じゃ大ファンです(笑)ドラマ終わったら本を読むつもりです。
      読魔虫さん、こんにちは。
      私もドラマ観てます。高階医師、最初嫌な奴だったのに、今じゃ大ファンです(笑)ドラマ終わったら本を読むつもりです。
      2018/05/26
    • hs19501112さん
      横から失礼します。
      「ブラックペアン」「ブレイズメス」までを5~6年前までに読み、、、

      連ドラ観たら面白くて、その勢いで先日「スリジ...
      横から失礼します。
      「ブラックペアン」「ブレイズメス」までを5~6年前までに読み、、、

      連ドラ観たら面白くて、その勢いで先日「スリジエセンター」を読んだところです。

      「スリジエセンター」での高階講師が、小泉孝太郎にしか思えなくて・・・。
      2018/06/21
  • 春ドラマの原作本。すでに既読だったのですが、ドラマ化を機にこの後に続く作品を読む予定。この世界、縦に横にさらには奥にと拡がりを見せ、年代も行きつ戻りつ... というわけで、1/4程読み進めた後、高階講師が後の高階病院長!そして、学生として登場する後の主人公たち(田口、速水、島津)。この世界、どの作品から攻めていくのかも楽しみです。

  • 医者としての観察眼を楽しめる。

  • 海堂尊のチームバチスタシリーズ「ブラックペアン1988」が上下巻に分れて文庫化

  • 一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。「スナイプAZ1988」を使えば、困難な食道癌の手術が簡単に行えるという。腕は立つが曲者の外科医・渡海が、この挑戦を受けて立つ。

  • 1988年、作者の経験が垣間見れるような作品。
    病院内でPHSもなく、カルテは手書き。
    画期的なデバイスを持ち込んだ高階。
    破天荒な渡海。
    ドラマよりもこっちの方が面白い
    ニノのイメージができる前に読むべきだった

  • 二宮がドラマやってなかったら読まないやつ

  • 『スリジエセンター1991』を読了したところで再読。

  • 再読。ドラマ化されたので、ほとんど忘れていたし読み直してみた。原作とかなり違うとは聞いていたが、ホントに違う。全く別の作品みたいだ。同時進行はあんまりよくないな。先に読んでしまおう。田口、速水、島津がまだ学生なんだな。

  • ドラマを一話見てから、読み始めたのでキャストはドラマのイメージで…ドラマとはちょっとキャラが違うかな、という印象。
    盛り上がる直前で上巻が終わってしまったので、下巻に期待。

    31

全228件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする