ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (218)
  • (495)
  • (295)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 3027
レビュー : 228
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二宮がドラマやってなかったら読まないやつ

  • 内容的にどう、というより登場人物の若かりし頃の様子が垣間見れるという楽しみが大きい。若くても速見は速見だし、田口は田口なんだなぁと。高階が、こんなに傍若無人なヤクザな講師だったとは(笑)。どこから、このあからさまな攻撃的な雰囲気が丸くなって行くのか、気になる。

  • チームバチスタなどの作品を読んでいるから、その登場人都たちの若かりし頃が出てくる楽しみはある。しかし、全体的に医療用語が多すぎて、描写がぴんとこないので、スピンオフではないけれどそういう楽しみ方で読む本かな・・・と感じる。

  • 下巻に記載

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする