ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (221)
  • (473)
  • (245)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 2765
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H30.5.15 読了。

    ・謎の腹部レントゲンに写るペアンと佐伯教授の関係はいかに?想像していたのと違う展開に驚き。手に汗するような内容で面白かった。『チームバチスタ』も今更ながら読んでみたい。

    ・「先を走る限り、俺も外科の世界を担う先輩の一人。それならたとえどれほどぶざまでも、俺の姿をコイツらに見せ続ける義務が、俺にはあるというわけか。」
    ・「俺が手術で大失敗したって、誰も気にも留めない。俺が外科医を辞めようが辞めまいが、大したことではない。天下の一大事だと思っていたのは自分だけ。」
    ・「弱い人間に対していい加減になれるのは、強くて優しい人にしかできない気がします。」

  • 後半では、時間の進みが速くなる。手術機械での失敗例、院長選挙で教授不在時の緊急手術の場面では、予想外の展開が続く。手術場面の描写は圧巻である。

  • 医療の世界。命をかける場面での、直す側の人となりが描かれています。いろんなタイプの医者がいて、そこに力の理論が加わり、政治的判断を迫られたりと駆け引きが、日々患者としての立場からでは見えない世界が展開します。登場するドクター、皆が想像の中で動き出すほどよく描かれていると思います。実に長いようで短かった7ヶ月間でした。また他の作品で再会する人物もいて、海堂ワールドの幕開けを楽しませてもらいました。

  • ブラックペアン、下巻。
    渡海の策略により、ペアンが体内に残された患者が、緊急患者として入院してきた。

    佐伯教授は、学会に出席するため、不在の中、許可を得ないで高階講師がオペを...

    しかし、そこには、大きな謎が。
    果たして、オペは、成功するのか?

    最後に、ブラックペアンの謎が明らかになりました。
    なるほど。




  • 佐伯教授の過去の手術にペアンの体内置き忘れが発覚!20年後に患者が緊急来院し高階、渡海が手術を行うが、止血できず。そこに北海道で講演予定の佐伯教授が戻って来て、緊急手術を行う。実は、そのペアンは置き忘れではなく、患者に適したやむを得ない処置だったのだ。過去の手術により、特注のカーボン製のブラックペアンを作っていた佐伯教授は、それを患者に埋め込み閉腹する。
    手術は、奥が深い...

  • 中盤まで、淡々とした小説だなと思ってたら、終盤の盛り上がりが凄くて、一気にのめり込んだ。
    ブラックペアンに込められた想いがわかった時、さぶいぼが立った。

  • ペアンとかコッヘルとか、医学の専門用語が分かっているともっと楽しめるのかなぁ。手術室でなにが行われているのか、文系には想像もできず・・・。それにしても渡海先生のその後が気になります。

  • TVドラマだとクソ真面目な高階だったが、原作の方では渡海と同じように一曲ある人物として書かれている。渡海との対比としてはTVドラマのほうが面白かったかと。と思ったら高階って、バチスタのときの病院長になった人か。それなら、一曲あって当然だな。
    あと、後にバチスタシリースの主人公になった人たちが出てくるが、蛇足感はあるなぁ。

  • ドラマを見て結末は分かっていたけど一気読みしてしまうくらい緊迫感があった。
    それぞれの医者像があり、どれが正しいとも言えないのだなと感じた。

  • スナイプを使ったオペは、目覚ましい戦績をあげた。佐伯教授は、高階が切った啖呵の是非を問うために、無謀にも若手の外科医のみでのオペを命じる。波乱含みの空気のなか、ついに執刀が開始されたー。

全224件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする