あなたにもできる悪いこと (講談社文庫)

著者 : 平安寿子
  • 講談社 (2009年12月15日発売)
2.90
  • (1)
  • (7)
  • (19)
  • (13)
  • (0)
  • 97人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765381

あなたにもできる悪いこと (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男と女が手を組んで、悪を企てる。
    途中から目で追ってるだけになって、よくわからなくなった。

  • う~ん。女性が主人公の作品の方が「うん!」とくる感じです。好みの問題かもしれないけれど…

  • さりげなく性悪説。霊媒師の少年に対する最後の言葉が素敵で大笑い。

    この作者、タイトルと装丁があまりうまくなくて、損しているような気がする。

  • 自称スーパーサラリーマン、檜垣。
    口先三寸で二束三文の品を客に売りつけ裏で舌を出す。
    39歳の檜垣の武器は人好きするルックスと懲りない性格。
    転職を繰り返し、離婚をしても養育費も払わない。
    そんな檜垣に時折かかってくる仕事依頼の電話。
    仕事とはちょっと危ない橋を渡る悪い事ばかりで、電話をかけてくるのは元同僚の女。
    愛想もそっけもない女と檜垣の奇妙なコンビは自分たちよりも悪いヤツらの金をかすめ取る。

    このコンビのやってること、悪いには悪いわけですが、仕掛ける相手が二人よりも上手のワルだけにそう悪く思えない。
    体が不自由なふりをしてセクハラをするじいさん、公費着服&不倫をしている教師、善人面してNPOを乗っ取り、資金を着服する青年・・・。
    そんな相手から騙しとる金額もそれほど大きくない。
    やる事もセコければ金額もセコく、それを本人も自覚している。
    そしてかすめ取られる側の大金の稼ぎ方、システムに感心している。
    でもあくまで彼のやり方はアナログ。
    憎みきれないキャラクターではあるけど、好ましいキャラクターでもない。
    これを見ると、偽善者と自分はワルだと開き直る人間、どっちがマシ?
    どっちもどっちか・・・と思ってしまいます。

  • 2013 7/3

  • タイトルとこの表紙にひかれ、読んでみることに。
    ん、このタイトルは大げさすぎないか。
    もっと身近ないたずらや悪さの短編集かと思いきや、詐欺師の話し。
    さすが、女性著者はテンポ良くリズムがある。

  • 平安寿子のこの小説は、単行本で読んでいる。たしか表紙カバーは黒く、腹黒そうな感じだった。図書室をぶらぶらとしていて、久しぶりにタイラ節を読みたくなって借りてくる。表紙カバーが単行本とまた全然ちがう。

    口八丁手八丁のインチキセールスマン・檜垣。「欲が深くてあさはかな女心を手玉にとって、原価理の低い粗悪品を売りつけたときの快感は、いってみれば暑い日に飲む生ビールだ」(p.21)と言ってのけられるタマだ。転職を繰り返しながら、懐が寂しくなったらやるのは直販業者のセールスマン。頭がよくて、弁が立って、そのうえ好感をもたれるハンサム顔だ。

    この檜垣と、旧友・時任の愛人らしき畑中里奈がタッグを組んで、自称トラブル・コーディネーターとして地道なカツアゲをしてまわる。「金が天下を回るから」に始まり、「カエサルのものはカエサルに」までの6章で書かれているのは、檜垣と里奈が、小市民のもめごと調整に首をつっこんで、回る金の上前をはねる仕事の話。

    立て板に水のような檜垣の弁舌や、小市民のもめごとの展開が、また読んでもやはりおかしい。

    文庫解説には、平安寿子があるインタヴューでこんなことを答えている、と引いてある。

    ▼"私は、人間は他人によってしか世界が開かれないし、他人と出会うことでしか成長できないと思っている"(p.328)

    そのインタヴューは、たぶんこれだろう。
    http://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/taira_a/

    3度か4度くらい読んだ『グッドラックららばい』を、むくむくとまた読みたくなるのだった。

    (2/3了)

  • タイトルに惹かれて読んでみたけど、思ったよりも悪いことでもなかったような。騙しの手口は面白いんだけどなぁ。

  • 健康グッズからオカルト商品まで、ありとあらゆるものを売り込む訪問営業マンの主人公が、後ろ暗いところのあるターゲットを脅して小金を巻き上げていく。

    「足がつかないよう、取り過ぎない」のを信条として、ちまちま稼ぐため、無理をしない。
    相手がやり手の場合には少ない額でも引き下がる慎重さ。

    脅し脅されの頭脳戦はそこそこ面白いが、全体としてストーリー性は薄く、最後の締めなどももう一つ。

  • 世の中の隙間を埋める小悪事特集w。
    中に登場する「ナイジェリアの手紙」っていうのは類似品を実際受け取ったことがある。某国で最近亡くなった大富豪の遺産継承者候補があなたと同姓である、きっと関係者だから名乗り出て下さいというものだ。皆さんも気をつけてw。

全26件中 1 - 10件を表示

あなたにもできる悪いこと (講談社文庫)のその他の作品

平安寿子の作品

あなたにもできる悪いこと (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする