スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.34
  • (1741)
  • (1089)
  • (425)
  • (66)
  • (17)
本棚登録 : 9260
レビュー : 1060
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伏線が鮮やかに回収される小説は他にもたくさんあるけれど、それだけではなく自分とは遠い特徴を持つキャラクターたちに対しても共感してしまうほどに魅力的な作品は他にはないと思う。

  • 読後感がよい。すべてがきれいに収まるところに収まる。相手へ傾ける気持ちは目に見えるわかりやすい形だけが美しいわけではないと強く感じた

  • 辻村深月さん作品で一番のお気に入り。思えば表紙に魅力を感じて購入し、ここから辻村作品にハマりました。読んでいく中でそれぞれのキャラクターに思い入れを持ち、最後には圧巻のショータイム。もちろん終わってから読み返しました笑。
    全ての人におすすめしたい作品。

  • スロウハイツの神様、大好き。

  • 「どんでん返しがすごい」的なフレコミを見て読んでしまったが、その観点だとそうでもなかったかなと。確かに色々と伏線は回収されていく感じはあったけど、読めない展開でもないというか、「やっぱりね」という感じは否めなかった。

    ただ、そういうところはどうでもよくなるくらい、すごく引き込まれる話だった。スロウハイツで繰り広げられる『退屈しない』個性が混ざり合う共同生活。何気ない日常のやりとりにも各人の色々な事情や想いが絡み合いながら流れていく日々。終盤にかけて徐々に明らかになるみんなの内面。なんか、良かった。

    『まぁ、なんていうか。あらゆる物語のテーマは結局愛だよね』という最後の言葉がすごく響いた。もう一歩超えると狂気とも思えてしまう愛がスレスレのところでグツグツしながらも、それを超えない(これもまた異常とも言える)節度が保たれてまあ切ない日々だったのに、最後に「結局愛だよね」と軽く言ってしまえる間柄って、なんかステキやん。

    うまく言い表せてないけど、うん、よかった。

  • 愛する人がいるから生きられる。
    愛する人のために生きる。

    結局、愛。

    では愛とは?
    「愛は、イコール執着だよ。その相手にきちんと執着することだ」と正義が言っていた。

    『ぼくのメジャースプーン』でも書かれてかあった。
    「責任を感じるから、自分のためにその人間が必要だから、その人が悲しいことが嫌だから。そうやって、『自分のため』の気持ちで結びつき、相手に執着する。その気持ちを、人はそれでも愛と呼ぶんです。」と。

    だから、愛=執着っていうのが私の中ではしっくりきた。ただの恋愛感情だけではない愛。
    自分のために人のために愛って奥深くて、素晴らしい。
    愛に溢れた作品でした!!!!

  • 古い旅館を改装した「スロウハイツ」
    そこに住む仲間たち

    下巻に来て一気に様相がかわり。
    なんて一途な愛のお話

    後半でいろんなものが繋がって

    それぞれの成長がいとおしくて。

    コウちゃんと環のその後を勝手に想像して
    勝手に幸せな気分になれます(笑)

  • どんな言葉を重ねても、人を支えるのに必要なのは、そばにいる人の温かい心だと思った。
    好きな人を守りたいと思う気持ち、好きな人の気持ちに応えたいと思う気持ち‥その気持ちをきちんと感じられるから、人は頑張れるのかもしれない。
    憎しみだけでは継続しない。もっと違うパワーがないと叶えられないしモチベーションを保つことができない。例えば愛とか。それに自分達がなれているなら嬉しいです。環はそれに最初は気付いていなかったかもしれないけど、そうなれていたよコウちゃん。そしてそれにもコウちゃんは気付いていたと思う。あぁ、コウちゃんがカッコ良すぎて、私の心まで溶かしてしまいそうだ。

  • たとえば誰かが自殺して、その子の部屋にチヨダブランドがあったとする。だとしたら、僕はその事実を受け止めなければならない。
    僕の書いたものでは、その子をこの世界に留めるには足りなかったんだという、そのことを認めて責任を負わなければならない。
    その覚悟だけはいつだってしながら、小説を書いてきたんです。


    世界と繋がりたいなら、自分の力でそれを実現させなさい。

  • 辻村さんは、なんて本を書くのだろう。
    今朝の通勤でこの上巻を読み終えて、今日中に下巻を読み終えた。読み終えた今、私はとても幸せな気持ちになっている。

    あまりに話に入り込みすぎて、この本の中と現実の境目がわからなくなっている。
    話に出てくるチヨダ・コーキの本を私も好きでいる錯覚になり、会社終わりに図書館によったついでに借りたいな、と本気で思ってびっくりした。小説の中の小説家なのに。
    家に帰って、こんな悲惨な事件があった、と家族に話そうになって気づいた。あの事件は小説の中で起きたことなのに。

    話の中に出てくる人物は、ひたむきに真剣に生きている。
    終わりの方の話は、嬉しく暖かい気持ちで読みながら、少し鼻の奥がツーンとした。
    どんな言葉を並べても、この本を読んでよかったという思いをうまく表現できないように思う。

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)のその他の作品

辻村深月の作品

ツイートする