志ん生的、文楽的 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ご本人は、ニヤニヤして平然としているのか、それともびっくりしたなもう、とかなんとか言って大喜びなのか。

    なんと、平岡正明死して2冊目の文庫本が、はるか『山口百恵は菩薩である』(1983年)に次いで、27年ぶりに出されることに相成りました。

    単行本刊行の2006年時点で私は、5代目古今亭志ん生については、ほぼ9割以上、映像やCDや著作に関して把握していましたが(あと何冊かの研究書を残すだけ)、こと8代目桂文楽についてはまだ入り口程度で、音源や著作を急いで集めて暇を見つけては聞き読むといったふうでしたが、ようやくなんとか格好がついてきたのは、つい最近になっての話です。

    たしかに文庫化といっても、何か改稿とか、新たに書き下ろした一文とか、それとも「文庫版のためのあとがき」なんかが入っている、はずがないとあらかじめわかっているのもなんともさみしいものですが、いいえ、まったく新しい本みたいにして再読しようと思います。

    中身は、後日。それにしても、いつもながら、やけにこの本はスィングするなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1941年東京市本郷区(現東京都文京区)生まれ。早稲田大学文学部露文科中退。ジャズ評論家、作家。60年安保闘争に関わったのち、政治結社「犯罪者同盟」を結成して社会の攪乱を企てる。64年『韃靼人宣言』で先鋭な政治思想家としてデビュー。67年『ジャズ宣言』で、社会変革における音楽の役割をラジカルに提示する。70年代に入るとアジア現代史の研究に着手し、『日本人は中国で何をしたか』『闇市水滸伝』などを発表。竹中労、太田竜とともに、「三バカトリオ」を結成し、社会下層の制外の民を主人公とした窮民革命を唱える。80年代以降は、歌謡曲、河内音頭、浪曲、新内、落語などを対象に、独自の民衆思想を構想した。『大歌謡論』で大衆文学研究賞、『浪曲的』で斎藤緑雨賞を受賞。主な著書に、『西郷隆盛における永久革命』『水滸伝-窮民革命のための序説』(竹中労と共著)『ジャズより他に神はなし』『石原莞爾試論』『歌の情勢はすばらしい』『河内音頭・ゆれる』『美空ひばりの芸術』『新内的』『マイルス・デヴィスの芸術』『中森明菜-歌謡曲の終幕』『座頭市-勝新太郎全体論』『大革命論』『志ん生的、文楽的』など多数。2009年歿。

志ん生的、文楽的 (講談社文庫)のその他の作品

志ん生的、文楽的 (MouRa) 単行本 志ん生的、文楽的 (MouRa) 平岡正明

平岡正明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
國分 功一郎
平岡 正明
フランツ・カフカ
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする