隠密 奥右筆秘帳 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (9)
  • (24)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062768313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 刺客が団体でやってくるのに警護は衛梧一人なんてたいへんすぎる。

  • 併右衛門と衛吾を襲う敵が続々と登場。
    衛吾の縁談も。

  • 2週間で7冊読破の勢い

  • 災難は続く!続編にも続く

    2014/03/08 図書館から借用;03/09朝から読み始め;03/10読了

  • 第七弾
    今回は再度伊賀が将軍暗殺未遂に関係

  • 尊号一件(1789~1793)

  • 大好きになってきたシリーズも7巻
    味方が居なくなった!
    みんな為政者としては立派だけど
    人としてどうよ!
    おや!ついに瑞紀を婿にする?

  • 奥右筆秘帳7。まだまだ続くなあ・・・。

  • 奥右筆シリーズ7作目。
    相変わらず政争に明け暮れる皆様のお話。
    衛悟と瑞紀は次巻ではもう少し進展するのかしら〜。

  • L 奥右筆秘帳7

    序盤の併右衛門の「なにもせぬ」に痺れる。
    それにしても奥右筆ごときの行動が家斉に報告されているのがなんとも。衛吾の口の軽さにも辟易なんだけど、どちらも本筋には必要か〜仕方ない。
    内容は…あっちこっちの思惑があっちこっちに飛んでいて読み込まないと何故刺客を送ったあの人が今度は保護する側に??となるので要注意。なんにせよ併右衛門狙われすぎ(笑)
    最後に衛吾への褒美事で終わっているので次巻に期待大。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

一九五九年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒、歯科医師。九七年小説CLUB新人賞佳作。二〇〇一年作家デビュー。時代小説を中心に活躍。主な文庫シリーズに「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)、「将軍家見聞役 元八郎」「織江緋之介見参」「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」(以上徳間文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人 大奥記録」(以上光文社文庫)、「奥右筆秘帳」「百万石の留守居役」(以上講談社文庫)、「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)、「日雇い浪人生活録」(ハルキ文庫)など。ほかの文庫作品に『辻番奮闘記 危急』(集英社文庫)、『奏者番陰記録 遠謀』(文春文庫)、『鳳雛の夢』(光文社文庫)など。単行本『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社、のち中公文庫)で第十六回中山義秀文学賞を受賞。単行本の近著に『翻弄 盛親と秀忠』(中央公論新社)、『傀儡に非ず』『茜の茶碗』(以上徳間書店)などがある。

隠密 奥右筆秘帳 (講談社文庫)のその他の作品

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする