新世界より(中) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (1103)
  • (1242)
  • (581)
  • (87)
  • (10)
本棚登録 : 7890
レビュー : 554
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062768542

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続き即購入の後、秋の夜長にイッキ読み!本当にこちらもドキドキわくわくしながら読めました。

  • 上で感じていた違和感や謎の種明かしをしてくてる一方で、さらなる謎がたくさん出てきた。
    個人的には、3つの巻のなかで最も感動するシーンが多かったと思う。

  • 舞台は、今から1000年後、未来の日本。
    現代文明が滅び歴史が途絶えた後、呪術と呼ばれる超能力を使える人々が、のどかな田園風景の村の中で平和に暮らしている世界。
    主人公の5人の少年少女が、ハリーポッターっぽい呪術の学校で青春したり、村の外で化け物の戦いに巻き込まれたり。
    そして、ひょんなことからこの世界に隠された秘密を知り、最終的には人間や化け物も含んだ大きな戦いに発展していく。
    ジャンルとしては、和風ベースのSF+ファンタジー+ミステリー+ホラー。
    上中下巻で全1500ページの大作だけど、上巻の中盤あたりで物語に入り込んで以降は、長さを感じず面白く読めた。

    小説で感じた魅力は、「緻密な世界観」「物語のルールを守りつつ予想を裏切るストーリー展開」「哲学的な問いかけ」の3点。

    1.緻密な世界観
    西洋ファンタジー小説だと、指輪物語とかの定番の世界観(地理・歴史・生態系・魔法理論など)があるのだけど、この小説は和風な世界観をゼロから構築したところが先ず凄い。
    特に、村の結界の外で生きているグロテスクな生物の描写が無駄にリアルで詳細。
    最初はその描写が気持ち悪いのと詳細すぎるのとで、上巻の序盤、読む気力が無くなりそうになった。

    でも、上巻の中盤、失われた歴史が明らかになる。
    途絶えた数百年の歴史の中で何が起こったのか、なぜその歴史は忘れ去られなければならなかったのか、なぜ1000年前と違う生物が生きているのか、なぜ住民皆が呪力を使えるのか。
    謎がいくつも提示されると、どんどん物語に引き込まれた。
    特に、1000年前の文明が滅んだ後の奴隷王朝の描写。無駄に残虐でホラーテイストなのだけど、最後まで読むと必要な部分だったかもと思う。

    2.物語のルールを守りつつ予想を裏切るストーリー展開
    僕の理解では、SF作品の大前提とは、初期設定として読者に公開された世界観、つまり我々が住む現実世界とは異なる「いくつかの嘘」の整合性が、物語の最後まで崩れていないということ。
    そして、優れたSF作品とは、主人公が与えられた試練に対し、その世界観のルールに則った形で、しかし読者の予想を裏切る方法で解決していく作品だと思う。
    SFファンタジーには、初期設定の世界観作りを頑張りすぎて、ストーリー展開がそれを活かしきれないものもたくさんあるような気がするけど、この小説は高度に両立していると思う。

    この小説の世界では、人が人に呪力で危害を加えようとすると脳内的にストッパーが働いて攻撃できない、という絶対的なルールが存在する(お蔭で人間同士の故意の殺人や戦争は起こらない)。
    物語の後半、このルールを逆手にとった混乱が起こり、何度も絶望的な状況が訪れるのだけど、物語上のルールは守りつつ、でもその裏をかいた形で主人公は試練を克服しようとする。
    読んでいて、何度も裏をかかれるのだけれど、物語の中のルールを破っていないので納得できるし、裏切られるのが気持ち良かった。

    3.哲学的な問いかけ
    もう一つ、僕が感じる優れたSF作品の要素は、哲学の思考実験的な命題に気付かせてくれて、読後にあれこれ悩ませてくれる作品。

    この小説で問われていることとして感じたのは以下の3つ。
    ・世界の真実の姿を知らないまま平和に暮らすのと、真実を知って苦しみのある世界に飛び込むのと、どちらを選ぶか?(同テーマの別作品「マトリックス」)
    ・万能の能力を持つことで人類は幸せになれるのか?(同テーマの別作品「デスノート」)
    ・自分と外見や思想の異なるもの(この小説では人間並みの知能を持つ醜い化け物)に対して、人は仲間意識を持てるか?(同テーマの別作品:「彗星のガルガンティア」)

    どれもはっきりとした答えは無いし、考えても仕方のないことかもしれないけど、現実世界の社会問題・国際問題に置き換えて考えることは意義のあることなんじゃないだろうか。
    まあでも、そんなことを考えなくても、素直に楽しめるエンターテインメント作品だとは思う。

  • アニメ版では端折られた部分とか、やっぱり原作は良い。
    悪鬼と業魔の違いとか、瞬がどうなったとか。
    物語的には、バケネズミの生態、主人公たちが暮らしている町の裏の事情とかが明らかにされていく。
    そして、いよいよ下巻へ。

  • 年齢が上がり、思春期に入った早季達。
    しかし、世界の秘密に気付きつつあった彼らは
    存在が脅かされていた。

    話の展開が速すぎて止められない。
    どんどんエグイ人間の真意が見えてきてつらい。

    寝不足になる。

  • 絶望の片鱗が見え始める中編。
    こんなに鼓動を早めて読み進めたのはいつ以来だろうか・・・。

  • この世界観は興味深いが、その人間の価値観はいびつと思う。暴力は徹底的に忌み嫌われ洗脳まで行われていて、また繁殖に関してはコントロールされているのに、性欲はなんら締め付けもなく全面的に解放されている。それはおかしい。これだけ女性達が指導権を握っているのなら、男性の繁殖意欲をコントロールするほうが「らしい」んじゃなかろうか、と思った。そんなことだけで癒されるのは繁殖適齢期のみじゃぁなかろうか、って思ったよ・・・。 そんなことはさておき、バケネズミは一体何を考えているんだろうか。

  • するするよめる。先の展開が読めそうで読めないから。マリアとマモルのその後は。サキはこの新世界とどう向き合うのか。
    ここが貴志祐介の巧さだと思う。表現の柔らかさと正確さ、エピソードの順序と情報量。そういうことを「いかに読ませるか」という点から考え抜いて書いてる印象。執念すら感じる。非常に好感。
    逆に言えば踊らされている気がしてくるのも事実。若干鼻につくかもしれない。
    けれどこういう時は踊らにゃ損。ワクワクしながら最終巻へ。

  • 2012 10/16読了。WonderGooで購入。
    アニメを見て上・中・下と一気買い。
    そして中を手にとったらそのまま下まで一気読み。
    小説の先が気になって他のことが手につかなくなるのは久々の経験だった・・・うわうわうわ。
    感想は下にまとめて。

  • この町の異常性が、少しずつ明らかになってゆく。禁忌を1つ知ると共に、1人ずつ消えていく仲間たち。SF作品の『まだ人間じゃない』を彷彿とさせる設定まで登場。子供に同性同士のフリーセックスが推奨されているという設定のせいだが、やたらと出てくるエロティックな描写も、この世界の異常性を高めている。

    そして、まるで日本の歴史の中で、為政者たちが神仏や天皇を崇拝してきたように、人間を崇拝するバケネズミ。人間のような知的文明を築く彼らがあるいは、人間に反旗を翻す日は来るのか。

全554件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新世界より(中) (講談社文庫)のその他の作品

貴志祐介の作品

ツイートする