10歳の放浪記 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062768757

作品紹介・あらすじ

「お父ちゃん、明日はご飯を食べられる?」-昭和35年、10歳の著者は父と共に東京・池袋でホームレスとして暮らしていた。健気に生きる少女を支えてくれたのは、貧しくも心優しい人々だった。40年以上も胸に秘めてきた、つらく悲しい記憶を辿る著者の心の旅。生きる人すべてを勇気づける児童作家の自叙伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【本の内容】
    「お父ちゃん、明日はご飯を食べられる?」―昭和35年、10歳の著者は父と共に東京・池袋でホームレスとして暮らしていた。

    健気に生きる少女を支えてくれたのは、貧しくも心優しい人々だった。

    40年以上も胸に秘めてきた、つらく悲しい記憶を辿る著者の心の旅。

    生きる人すべてを勇気づける児童作家の自叙伝。

    [ 目次 ]
    放浪への序章(椎名町;大塚;狭山貯水池;鮫洲;滝野川;高尾山)
    放浪の始まり(九十九里村;根津八重垣町;池袋;秋津;房総へ)

    [ POP ]
    芸人なら自分の境遇をネタにできるが、一般にはハードルが高い。

    惨めさ、辛さを客観的に語るには、主観(=親)の死を待たなければならないからだ。

    著者は1950年生まれ。

    小学校教員を経て、児童文学者に。

    長年封印してきた記憶を解き放つ自伝だ。

    時は昭和35年、舞台は池袋周辺。

    戦争未亡人の母は戦後、父と一緒になり、主人公「なこ」を産んだ。

    事業に失敗した父は、酔っては高学歴で気位の高い母を殴り、やがて生活は困窮。

    なこは日雇いの仕事をする父と簡易宿泊所を転々とする。

    子供は学校に行くのが仕事とはよく言ったもので、なこには行く所がない。

    お父さんを捜すという名目で映画館に潜り込み、いよいよお金がなくなればパチンコ屋の床から玉を拾い、親切な従業員の操作で現金を稼ぐ。

    極道のあんちゃん、床屋のお姉さん、食堂「もうからんや」の店員など、西のじゃりン子チエ周辺には負けるが、関東ローム層にだって人情味の幾ばくかはある。

    “人間の価値は学歴で決まる”というリフレインはわびし過ぎるが。

    なこが新聞で読むように、昭和35年は17歳の少年が浅沼社会党委員長を刺殺した年。

    その山口二矢繋がりで、以後の2号を続けます。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 著者は児童作家で埼玉県の教育長をされた方との事。父親の借金で家を追われ、10歳の1年間を父親とホームレスとして生活した自伝。昭和30年代の話。

  • 「子どもって、かなしいよね。大人に決められたら逆らえないし、どんなにいやなことだって、がまんしなくちゃならないんだもん」。10才の私はこんなこと夢にも思わなかった。帰るべき家があり、家族皆一緒に生活し、毎日学校へ行く…それが当たり前だと思っていた。人間の本当の幸せとは本来「当たり前のことを当たり前と思う」ことかもしれない。未来ある子どもに夢と希望を持たせる、それが大人の義務であり、責任であると思う。

  • 児童文学作家、上條さなえさんの自叙伝。壮絶で、感想なんて迂闊に言えない。でも、なこちゃんが上條さんになられてよかった。

  • 作者の講演を研修で聞いた。埼玉県の教育委員長まで務めた作者が10歳、突然、父親とホームレスになったことを書き綴っている。

全6件中 1 - 6件を表示

10歳の放浪記 (講談社文庫)のその他の作品

10歳の放浪記 単行本 10歳の放浪記 上條さなえ

上條さなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

10歳の放浪記 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする