ダブル・プロット (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.04
  • (6)
  • (35)
  • (112)
  • (33)
  • (3)
本棚登録 : 469
感想 : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062768801

作品紹介・あらすじ

若い母親が死んだ真相と赤子の行方、フィルムに記録されていた驚くべき殺人手口、遅れて配達された年賀状に隠された犯罪…日本ミステリー界の至宝・幻の名コンビ岡嶋二人による傑作短編集。既刊の『記録された殺人』に、表題作を含めた3編の未収録作品を加え、再編成した文庫オリジナル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伝説の岡嶋二人・未収録作品含む珠玉短編集月刊誌に二作だけ掲載したまま未収録だった幻の「伸子シリーズ」を追加し、岡嶋二人に珍しい短編を集めた文庫オリジナルの再編集版

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/701931

    おすすめは雑誌編集者・入江伸子のシリーズ。

  • 短編集。

    携帯電話やインターネットが出てこない点やちょっとした会話の表現に時代を感じさせるけれど、
    解説にもある通り、そこまで古臭くもない。

    「眠ってサヨナラ」は類似の事件が近年起こっていた気が…!

    どの話もあっさり終わってしまう印象。
    もっとどっぷり浸かりたかった。

  • 9つの短編ミステリー
    50ページ前後のミステリーのため途中でオチがわかってしまうことが多々あった。
    怪しいやつはだいたい犯人。

  • 『ダブルプロット』(岡嶋 二人著)を読了。

    久しぶりに岡嶋 二人が読みたくなり、まだ未読だったこの作品へ。いやぁ、やっぱり面白い。今の時代からすれば設定など懐かしいと感じる部分はありますが、やはりプロットが抜群。短編でも読んでいて驚きと気づきと納得が味わえます。

    この機会に岡嶋 二人の全作品もう一度読み返そうかなぁ。

  • 「記録された殺人」に新たに未発表3作をマージした短編作品集。まあ未発表だったのには理由がある訳で、岡嶋作品といえども全作品が面白い訳ではないということ。

  • 既読『記録された殺人』に3編の未収録作品を加えた新装版と承知で手にしたが・・・

    再「記録された殺人」
    △「こっちむいてエンジェル」
    △「眠ってサヨナラ」
    再「バッド・チューニング」
    再「遅れて来た年賀状」
    再「迷い道」
    再「密室の抜け穴」
    再「アウト・フォーカス」
    ×「ダブル・プロット」

  • 久々に岡嶋二人の作品を読んだ。解散から22年経って刊行された短編集で、未収録作品が数作。この2人の話は本当に読み易いし、プロットがしっかりしてるので、好きでした。久々に楽しめました。

  • 2017年20冊目。
    収録9作品のうち既に6作品は読んでいたけれど、改めて全部読んだ。
    個人的に岡嶋二人作品の主人公の女性は好きなので、伸子シリーズがもっとあったら良かったなーと。
    この短編集の中ではやっぱりダブル・プロットが秀逸かな。
    いよいよ岡嶋二人コンプリート大作戦も残すところあと僅か。

  • 記憶された殺人
    こっちむいてエンジェル
    眠ってサヨナラ
    バッド・チューイング
    遅れて来た年賀状
    迷い道
    密室の抜け道
    アウト・フォーカス
    ダブル・プロット

    記憶された~と、遅れてきた、はどこかで読んだ事が。
    こっちむいて、と眠って、は主人公が一緒ですが
    両方とも救いがないような…。
    バッド、は止めてあった内部分裂の危機を
    喋ってしまっています。
    もしも『計画通り』に事が終わっていたなら
    その後、恐ろしい現実が待っていた、かと。

    迷い道は、もしかして…と思ってしまうような
    女の台詞のリフレイン。
    因果は巡る、という状態でしょうか?
    密室の~は、そこまでやる事に凝るな、という事?
    アウト~はありそうな現実ですが、今なら
    パソコンで管理されていて無理なような。
    いやでも誤魔化せば、確実に大丈夫そうな気もします。

    ダブル~は本人達の登場。
    もしもこんな状態が起こったら、もうそれは素直に
    出ていった方がよろしいかと。
    登場人物が人物だったため、行われた事は驚きですが
    何だか笑ってしまいました。
    リアルに追求しているせいでしょうか?w

全77件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岡嶋 二人(おかじま・ふたり)
徳山諄一(とくやま・じゅんいち 1943年生まれ)と井上泉(いのうえ・いずみ 1950年生まれ。現在は井上夢人)の共作ペンネーム。
1982年『焦茶色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。86年『チョコレートゲーム』で日本推理作家協会賞を受賞。89年『99%の誘拐』で吉川英治文学新人賞を受賞。同年『クラインの壺』が刊行された際、共作を解消する。井上夢人氏の著作に『魔法使いの弟子たち(上・下)』『ラバー・ソウル』などがある。

「2021年 『そして扉が閉ざされた  新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡嶋二人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ダブル・プロット (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×