奏者水滸伝 追跡者の標的 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (3)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻で。

  • 折角できたお友達に裏切られるのはショックねぇ。

  • 2時間足らずで一気に読了。
    読みやすくて相変わらず面白いけど、ムードメーカーの比嘉っちがメインの話なので彼が深刻だと哀しみが際立つのがつらい。このシリーズを読むと田中芳樹の「創竜伝」を思い出す。

  • 2013年6月

  • #読了。奏者水滸伝シリーズ第6弾。久しぶりの今野さん作品。シリーズものとは分かっていたが、途中から参戦。常人とは違う力を持ったジャズプレーヤー4人が、トラブルを解決する。相変わらずの武道描写ではあるが、肩ひじ張らずに一気に読めた。

  • シリーズ第六弾。ロスから中国武術の達人、陳翔がやって来て・・・
    これも、ふつうにおもしろいし、今までハズレ無し。だけど、シリーズ通しての話が進展して無い様な。あと一冊で、ちゃんと終われんのかぁ。

  • 第6話
    陳翔(チェンシャン)と比嘉の一騎打ちが熱いです。

  • やっぱり面白い!・・・が若干飽きてきたかなぁ;

  • 演奏の描写、格闘の描写がとてもテンポ良く
    スピード感がありすばらしい。
    ただし、小説自体の内容は・・・・
    どこかのTVドラマのようで。
    逆にドラマ化するなら面白いと思う。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

今野 敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。

奏者水滸伝 追跡者の標的 (講談社文庫)のその他の作品

今野敏の作品

ツイートする