新装版 海と毒薬 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (39)
  • (50)
  • (49)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 508
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生体解剖事件に係わった医師たちを中心に、日本人と罪悪感を描いた不朽の名作……
    なのだけれども、事件とは関係のない部分での、一般人の罪悪感描写が実はスゴい。

    「だってみんなやってるもーん」のひと言で殺人も虐待も行う自覚なき一般人。
    自分がされたことは覚えていて、自分がしたことは忘却もしくは正当化する。

    事件の影を負う勝呂や、罪悪の在処を求める戸田より、むしろ、この一般人の無意識と無自覚が恐ろしかった。
    ひょっとしたら、私も、あなたも、そんな一般人の一人なのかも……

  • 大嫌いな本

  • 主人公である医者の勝呂はある生体実験に誘われた。その実験は人間の解剖実験だった。勝呂はその誘いを断れずとうとうその実験に参加してしまった。真面目で親切な勝呂に良心 はなかったのだろうか…

  • 気持ちよく読める作品ではないかもしれないけど
    人間臭い汚い部分にも共感しながら読める作品。
    文学的に掘り下げて考察するのも面白そう。

  • 史実をもとにしているし内容は重かったが、問いかけは心にぐさりとくるものがある。我々日本人は時として周囲に流されがちだがそれは明確な善悪の区順がないからだと思った。そのことをわかりやすく「神を持つ外国人」と「神を持たない日本人」の対比によってあらわしているあたりはさすがだと思う。夏草草介の解説もよかった。

  • 旅行先の牧場パスタを待つ間、偶然出逢った本。パスタそっちのけで読んだ記憶が

  • この本は太平洋戦争末期に日本陸軍と九州大学が起こした、捕虜の生体解剖という悲惨な事件をモチーフにしたものである。この事件は、戦争中という異常な状態が引き起こした事件と言えるのかもしれない。

    しかし、作者はこの事件が起きた理由を、日本人の罰は恐れるけれども罪は恐れないという習性に求めている。「赤信号みんなで渡れば怖くない」という言葉があるように、日本人は個人の意識よりも全体の「空気」を優先することがある。個人の罪の意識よりも、他人の眼や周囲からの罰を恐れるのだ。

    主人公の勝呂は、上司に捕虜の生体解剖実験への協力を求められる。
    実験への参加を表明した同僚の戸田をはじめとした周りの「空気」と自分の良心の間で揺れ動き、勝呂は葛藤する。苦悩する勝呂の姿や心情が丁寧に描写してあり、思わず読むのをやめて目を背けたくさえなった。

    この本は読み終えたら、ぜひ冒頭のシーンを読み返してほしい。
    冒頭のシーンは戦後が舞台である。ガソリンスタンドの主人と勝呂の戦後の生活の違いや、勝呂がポツリと漏らす言葉に多々考えさせられるだろう。

    周りに流されて思わずやってしまい、あとで良心の呵責を感じたということは誰しも経験があることと思う。そんな経験を苦みとともに思い出させると同時に、今後の自分の行動が問われているような気がする、そんな一冊。

  • 2018/04/06

    昔から読むべき本だと思っていてようやく手に取ることができました。
    宗教に頼って道徳を守るではない私たちにとって、「神」のかわりに律してくれるのは自分の良心になると思います。「お天道様が見ている」という言葉を子供の頃に言われたことがありますが、あれも過去から未来へ向かってどの自分にも胸を張っていられるかということだと思っています。
    良心を振り払った個人が集まることでブレーキが効かなくなった集団というものはかくも恐ろしい方向に進むことがあるのだな。
    人間は、特に集団は、間違いを犯しやすい。
    軍隊に入っていなくても、国をあげてこういったことをしてしまったのは、戦争だったからなのか、それとも人間は通常時でも誰かにいいと言われれば非道なこともやってしまうのか。弱いものを好きにしてしまうのか。
    この本は折に触れて思い出しそうです。

  • h28.9.7

  • 我想胜吕的太太是那个手术的护士。日本人有没有无情?因为,没宗教的信心? 不是,我不想。到今天,天帝。从明天,悪人。是有一般。人的心是不明白,永远。

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

新装版 海と毒薬 (講談社文庫)のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする