小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)

制作 : 冨原 眞弓 
  • 講談社
3.74
  • (40)
  • (53)
  • (69)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 544
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769402

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書部課題図書その28

  • フィンランド行きにあたってちゃんと原作読んでみるか、と思って手にとったムーミンの原作第1巻。
    この巻はまだムーミン谷に居を構える前で、パパがどっか失踪しちゃってる中で、洪水の中、住処を探してさまようムーミントロールとママが主軸。あんまりほんわか感はないが、パパの消息を知ってから一変して元気になるママが面白かった。

  • ムーミンって子供のころのアニメとはだいぶ雰囲気が違うのね。トーベ・ヤンセン展行ってよかった。

  • トーベ・ヤンソン展に行ってみたので、ムーミンを読んでみた。TVと雰囲気が違うなぁ。

  • カテゴリ:教員著作物
    哲学科:冨原眞弓教授の著作物

  • ゆっくりと読み進めてきたムーミンの物語も
    ようやく始まりにして最後の物語。
    プロトタイプに、このあとのすべてのアイディアと
    大切な要素が詰まった原石。

  • ムーミンの本当の一作目らしい。初期らしい、安定しないが優しい線の挿絵がむしろ新鮮。物語はファンタジーと冒険を優しく包み込んだもので、ある意味運と天の采配に左右されすぎだが、自然に生きるってそういうものかも。 余談;てことで、大人になったしムーミンを絵本ではなく小説+挿絵の方で読み直してみようキャンペーン。とはいえ、一冊30分くらいで読めてしまうのだが、今だから感じることもある、と思う。たぶん。(そもそも幼少のころ読んだのを忘れているが)

  • 東京遠征の友その2。

    日本で知られているムーミンでは1番新しい
    (実際特装版のムーミンでもこれが9冊目になっている)
    ムーミンの1番古い物語。

    3冊目にあたる「楽しいムーミン一家」に比べ
    この作品や2冊目(長く1冊目だった)の
    「ムーミン谷の彗星」にはどことなく不安定なというか
    ほの暗さが漂うのは、解説で書かれていますが
    後ろに「戦争」という時代背景があったそうです。

    と言っても、物語が重いわけではなく、ムーミンらしい
    ちょっとシュール(笑)な冒険が繰り広げられますが、
    「ムーミン一家」以降がらりと変わるようなので
    「ムーミン一家」を読むのも楽しみ!

    実際にはこの本が圧倒的に古い物語になりますが、
    読み順は確かに「彗星」か「一家」からがいいかも。
    確かにこの本は「プロトタイプ」な感じがしました。
    それがまた良いのですが。

  • ムーミントロールたちが、ムーミン谷にたどり着くまでの物語。

    お日様の光を求めて、というところが夏の短い北欧の感覚が出ている気がする。

  • 再読。ムーミンシリーズの前日譚。ニョロニョロと旅に出てしまったパパを探してさまようムーミンママとムーミントロール。途中で出会ったスニフと一緒に旅を続けます。

    ママを引きずり込もうとしたアリジゴク、パパのニョロニョロとの出奔など、のちのシリーズに過去のエピソードとしてチラりと登場していた話が読めるのは嬉しい。

    のちのシリーズのとの違いは、最初のほうで「人間」の存在が描かれていること。花の妖精チューリッパや、お菓子でできた人工楽園が登場するなど、ファンタジー要素が強い点などでしょうか。あ、でも「エスカレーター」はあったりするのだけれど(笑)

全57件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。「ムーミン」シリーズ全9作のほか、伝記的作品に『彫刻家の娘』、短編集に『少女ソフィアの夏』がある。(ともに講談社)。2001年6月没。

「2019年 『リトルミイ ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)のその他の作品

トーベ・ヤンソンの作品

ツイートする