小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)

制作 : 冨原 眞弓 
  • 講談社
3.74
  • (40)
  • (53)
  • (69)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 554
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769402

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 厚さが薄いです。
    ごく薄なので気軽にぱぱっと読み終わります。

    まさか1冊目はパパがいないとは!!
    しかもパパの捜索するの終盤だし!
    パパを探す物語を書こうとしたにしてはあまりにもパパを探すのが遅過ぎやしませんか!?とパパ目撃情報が出た時に思わず突っ込んでしまいました。
    チューリッパと赤い髪の少年のくだりは展開が急すぎですがステキだなぁ~と憧れます♥

  • title in Svenskt:Småtrollen och den stora översvämningen.
    小さい時にanimaで観た明るいimageしかありませんでした。
    Muminが小さい生き物と知って、借り暮らしのアリエッティを思い出しました。
    無事にpapaが木の上から救出されて胸を撫で下ろしました。
    papaに再会出来て、papaが作った家に住んでこれからの暮らしが気になって仕方ありません。
    危険に満ちた話だったので、次巻はほのぼのとした話であります様に。

  • ほほえましい!!
    童話の中のロマンスって本当に美しいです。

  • フィンランドの冬をおもう。

  • 文庫最終巻だけど、一番古いムーミン作品。アニメで見ていたムーミンは楽しいだけだった様な気がしたけど、文庫シリーズ全体ではムーミンパパが主役の様ですね。これまでの8冊全てのエッセンスが詰まっている様な、この物語からその後の8冊が書かれた様な、そんな作品でした。

  • 図書館から借りました


     ファンタジー。
     ムーミンものの、最初の最初。


     ムーミンパパ。。
     この人って・・・本当にどうしようもないなー。
     妻子ほったらかして、ニョロニョロに導かれるままに放浪。
     ムーミンとムーミンママは暗くて怖い森をパパを捜してさまよう。

     絵が微妙にムーミンと違うが、昔はこんな風に鼻が細長かったのだなー。
     ネタとして、ほとんどが揃っていてニマニマします。
     考えてみれば、いままでママって、こんな風に冒険の核になることなかったから、新鮮かもしれません。
     一番、頭がよくて、冷静で、隊長とかやるのにふさわしいのって、ママでは??

     チューリップから生まれた綺麗な女の子、チューリッパ。の、色っぽい水浴びイラストあり。

  • 人間の持っている、ふつうは目をそらしたくなるようなところも書いた上で、
    それとうまく向き合っていると感じる。

  • 旅先で買って電車で1時間揺られている間に
    読み終えてしまった本。

    話の展開がまさに絵本。
    如何にもムーミンのプロトタイプ、という感じのお話だけれども
    やはり「楽しいムーミン一家」や「ムーミン谷の冬」なんかを
    先に読んだほうが入り込みやすいかも。

全57件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。「ムーミン」シリーズ全9作のほか、伝記的作品に『彫刻家の娘』、短編集に『少女ソフィアの夏』がある。(ともに講談社)。2001年6月没。

「2019年 『リトルミイ ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)のその他の作品

トーベ・ヤンソンの作品

ツイートする