お医者同心 中原龍之介 花御堂 (講談社文庫)

著者 : 和田はつ子
  • 講談社 (2011年4月15日発売)
3.14
  • (1)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769471

お医者同心 中原龍之介 花御堂 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.10.11

  • 花御堂長屋で、お沢が瀕死の重傷を負う。続いて女隠居のお豊が殺される。
    お沢が、将軍側室の千の方の乳母だったため、事件を解決できないと奉行所がどんな咎を受けることになるか、龍之介・光一郎と、桝次が事件を担当することになる。

  • 20120824 何となくこれまでとほ違った感じ。動きが多いのかな?また、心に訴える記述が多いかも。

  • シリーズ物なので惰性で読んでいる。
    捕物としてはいまいち

    2012/01/07図書館から借用;01/13日の通勤の行き帰りで読了

  • 第五弾
    一つの事件を解決するのでいろいろ寄り道をするが、その先々で事件を解決していく裏方、好きなタイプの主人公

  • ハーブを使ってリラックスさせる治療を行うよろず医者シリーズ。気軽に読める感じ。

  • 127 6/9-6/9

全8件中 1 - 8件を表示

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする