妖怪アパートの幽雅な日常 6 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (135)
  • (192)
  • (154)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1516
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770040

作品紹介・あらすじ

「オーッ! 雪山だ~!」……修学旅行先でもアレが出たんです。待ちに待った修学旅行です(枕投げは必須)! 冬山にスキーに出かけた夕士たち。楽しい思い出をたくさん作るはずだったけど――千晶先生が倒れて、それどころじゃない。しかもその原因は、泊まったホテルにあるって? 想像を超えた出来事に面食らう夕士、「でも、この経験を決して無駄にはしないぜ……!」(講談社文庫)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 修学旅行で千晶先生がすったもんだな第6巻。

    クリのお母さんぶりに怖い幽霊が出てきました。
    相変わらずの読みやすさ。

    修学旅行だったので、るりこさんのご飯シーンは少なかったのが少し残念(笑)

    千晶先生に群がる女子生徒達がかなりバカっぽく描かれていてかわいそう…

    巻末付録の「ハッピーバースデイ」がほほえましいですね!

  • 千晶の登場でネタがどんどん 一部女性が好きそうな要素満載になってきた。って そもそも妖怪もの自体 女性が好きな設定か……

    最初に人物像がステレオタイプと書いたが 他の登場人物も全部そう。トンデモ能力を出す割に小難しい説明が一切ない「テニスの王子様的」な人物設定に終始する。また理想の男性像が女性の妄想に近い。つまり男性的な思考とは乖離している。

    その割に出てくる女性にはほとんど女性を感じさせる言動をさせない。作者にコンプレックスでもあるんかしら。基本が美人設定で男性的であることを良しとする。なにより日常がかなりご都合主義。家事仕事(玄関の出迎え・掃除・料理・風呂の世話)が全部幽霊の仕事になっている。主婦業にうらみでもあるのかと思いきや 一方でまじめに会社で働いている女性についての記述もほとんどない。

    これだけの妄想社会でも おもしろく読めるんだから大したもんなんだけど…… 801よりなのはちょっときつい。

    • Tsunさん
      へぇ~ ちょっと読んでみようかなw(図書館にあるみたいやし)
      へぇ~ ちょっと読んでみようかなw(図書館にあるみたいやし)
      2013/04/16
  • 「妖怪アパート」第6巻。
    夕士くん、雪山に修学旅行に出かけるの巻。
    いつもの「妖怪アパート」から離れて、今回は修学旅行に出かけた雪山のホテルで霊と遭遇するはめになりました。

    千晶先生は魅力的なキャラクターではあるけれど、学生たちのアイドルで「魔」に襲われるヒロイン(男の人だけど)で、その「魔」を退かせる力もあり……、というのは少々やりすぎ。
    「その一言」は千晶先生ではなく、夕士くんのものだったのではないのかなあ。経験の足りない高校生だからこそ、たとえ傷ついても夕士くんの中から絞り出さなくてはいけない「一言」だったように思います。
    これは夕士くんの成長物語のはずだから。

  • 2018/3 21冊目(通算52冊目)。今回は修学旅行編。計ったように、ホテルに泊まる夕士たちに心霊現象が降りかかる。(主に千晶先生)。まあ、夕士の活躍で無事解決するのだけど、心霊現象の部分を除くと、修学旅行を楽しむ夕士たちの描写が文中描かれている。自分のことを振り返ると、スキーの修学旅行も良かったかなとこの文章を読んで思う(修学旅行は九州、自分達の下の世代からスキーになりました。)。こういう時間は特別なんだよなあ。戻れるなら高校時代に戻りたいなあと読んでいて思う。次。

  • どんどんBL色が濃くなっていく。

  • 修学旅行でスキーに。悪意を持った「あやかし」と対峙する。展開にスピード感があり、非日常感が強いのもよかった。

  • 【あらすじ】
    「オーッ! 雪山だ~!」……修学旅行先でもアレが出たんです。待ちに待った修学旅行です(枕投げは必須)! 冬山にスキーに出かけた夕士たち。楽しい思い出をたくさん作るはずだったけど――千晶先生が倒れて、それどころじゃない。しかもその原因は、泊まったホテルにあるって? 想像を超えた出来事に面食らう夕士、「でも、この経験を決して無駄にはしないぜ……!」

    【感想】

  • 夕士の修学旅行先で事件が起こる。
    急遽、予定のホテルから変更になったホテルはリニューアルされてはいるが古く、何やら嫌な気配が漂っている。
    その気配に体調不良を訴える者が続出。
    そこで、夕士の出番となる。

    2017.7.27

  • 腐女子が書いた小説そのものでした

  • 6巻。修学旅行でのお話。
    2016/12/1

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

和歌山県生まれ。本シリーズの第1作目で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。「ファンム・アレース」シリーズ(講談社)「大江戸妖怪かわら版」シリーズ(理論社)など、YA(ヤングアダルト)小説の作家。

「2019年 『ポストカードブック付き 妖怪アパートの幽雅な日常(18)特装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

妖怪アパートの幽雅な日常 6 (講談社文庫)のその他の作品

香月日輪の作品

妖怪アパートの幽雅な日常 6 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする