特捜崩壊 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770071

作品紹介・あらすじ

政財界の暗部に切り込み、戦後日本の「正義」を支えてきた地検特捜部。その捜査能力はなぜ地に堕ちたのか?身内の不祥事を隠して突き進んだ逮捕劇、体面を保つための捜査…。'07年から翌年にかけての「防衛フィクサー」事件などの捜査過程を詳細にたどることで、今日の「検察危機」の予兆をとらえた話題作。大阪地検特捜部の証拠改竄事件による衝撃から検察の改革方針決定まで、激動の一年間も加筆した決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 検察の抱える危うさについて、臨場感を持って伝えることに成功しており、読み物としても面白く、司法に携わる者でなくとも読むべき良書であった。
    ただ、著者と交友のあった人物の逮捕・取り調べの不当性を暴く章は、正直、冗長に感じた。感情が入りすぎたのか。

全1件中 1 - 1件を表示

特捜崩壊 (講談社文庫)のその他の作品

特捜崩壊 (講談社文庫) Kindle版 特捜崩壊 (講談社文庫) 石塚健司

石塚健司の作品

特捜崩壊 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする