蝶々さん(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.23
  • (9)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770262

作品紹介・あらすじ

水月楼の女将が不審死すると、いきなり下女同然の扱いを受け、活水女学校に通わせる約束も反故にされる。が、彼女を案ずる絹たちの計らいで水月楼を出て芸妓見習いとなった蝶は、アメリカ領事主催の宴会に呼ばれ、故障で寄港していた戦艦の士官フランクリン少尉と出会い、恋に落ちる…。感動の力作長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美しいという言葉は蝶々さんのある言葉だと思う。彼女は最後まで誇りを捨てなかった。本当に武士の娘であり続けた。明治という激動の時代に飲み込まれるのではなく、しっかりと人生を歩んだと思う。私はだれのおもちゃでもないと証明する。独立した心をもつ女性であった。上巻は嫌われ松子を思い出させるような展開だったが、下巻は不遇ながらも強く生きる彼女に感銘した。

  • すごく感動した。
    長崎とゆう日本の中でも稀な土地にいるサムライの娘蝶々さん。
    時代背景も明治初期でまた読み返したいと思う一冊

  • どこまでも悲しい。
    でも強い。

  • 芯を支えた「葉隠」はちょうちょの羽には錘のようでも。

  • 上巻に引き続き、一気読み。
    プッチーニによって「マダムバタフライ」としてオペラ化されている、明治の長崎を舞台にした蝶々さんこと伊東蝶という1人の女性の人生を描いた作品。

    蝶が学校に通っていた頃は幸せな毎日だった。
    父の形見の学問のすすめを読み、ユリと仲良く、母と2人のババ様と暮らした生活がいかに恵まれていたかが読み進めると強く感じる。

    母が将来を見据え、6年後の女学院入学を申し込みに蝶を連れて行ったのがすごい。
    オランダ坂で蝶に言った言葉が印象的。この時代に生きた人としてはすごく強い女性だなー。やえさん。

    母とみわババ様の死後、しまババ様の痴呆悪化後の蝶はキツい目にあいながらも大事な人たちに支えられて強く生きていく。
    ユリ、サダちゃん、お絹、尹作、木原クン…
    その生活の中、活水に行きたいという夢を持ち、ひたすら努力し続けた蝶の姿勢が素晴らしい。結局それが叶わないのが悲しい。

    フランクリンと結婚したものの、「長崎式結婚」をしたかっただけの彼とは二度と会うことのないまま蝶の人生は終わる。しかも既婚者だったフランクリン…最低やな!!
    子どもを産んで待ち続けた蝶は、フランクリンの妻に子どもを引き渡し、自害して生涯を終える。

    誇りを守りたいときに自害するのだという母の教え通りの自害だった。
    田代先生、ユリ、2人とも死んでしまった。しまババ様も死んだ。子どもも引き取られ、夫には会えず、蝶は「誰のおもちゃでもなかったと証明したい」と言って死んでいった。

    この時代・この地ならではの、悲しいお話です。

  • p.426「私が、だれのおもちゃでもなかったという証明だけはしなければならないと」
    p.442「美しく生きるために命がけになる。」

    今まで時代劇を見ていても、サムライの自害をどうにも理解できんかった。
    でもこれを読んで蝶々さんの生き方を知って、侍の誇りとか生きることへの意識とか、少しは納得できるかな。

    辰さま&お絹さんのエピソードは運命的すぎて心が弾みました。

  • 上巻は蝶々さんが不幸の連続でなかなか読み進めませんでした。
    なので個人的な好みとしてはイマイチ。
    終盤はそうでもないので、悲劇がOKの人であれば面白いでしょう。

全8件中 1 - 8件を表示

市川森一の作品

ツイートする
×