鳴子守 見届け人秋月伊織事件帖 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770354

作品紹介・あらすじ

南原家の埋蔵金騒動に絡んで、穴掘り人足が次々と殺される。真相の見届けにあたっている秋月伊織は、数日前に縄暖簾で「穀潰し」と罵られていた貧相な若い人足・仙吉の豹変ぶりを不審に思い、探索を開始した。苦界に身を沈めた姉と、貧しさに翻弄された弟の運命を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.4.4.

  • シリーズ5

  • 第五弾
    久しぶりに読むシリーズ
    登場人物もあまり憶えが無い
    短編三話、可もなく不可もなく、読むことが可能

  • シリーズ第5弾

    藤原さんのお話はどれもよく出来た話で、引きずり込まれます
    人情味たっぷりの3作です

  • O 5 見届け人秋月伊織事件帖
    三話構成。
    秋月兄からのプレッシャーなし。
    お藤は前よりも立ち位置がブレて、でてこなくてもいいくらい。

全5件中 1 - 5件を表示

鳴子守 見届け人秋月伊織事件帖 (講談社文庫)のその他の作品

藤原緋沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鳴子守 見届け人秋月伊織事件帖 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする