浜村渚の計算ノ-ト 2さつめ ふしぎの国の期末テスト (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (83)
  • (147)
  • (165)
  • (24)
  • (3)
本棚登録 : 1408
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771221

作品紹介・あらすじ

数学テロ組織「黒い三角定規」との闘いは終わらない。数学好き中学生・浜村渚と警視庁特別捜査班の今回の敵は、弱冠二十歳で米国名門大学留学資格を得た美女、コードネーム「キューティー・オイラー」。4×5が12になるような特殊進法に支配された世界で、渚と武藤刑事の命をかけた期末テストが始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書は数学の本質的な楽しみ方をポップに教えてくれます。ストーリー構成がハラハラドキドキであり、キャラクターの個性も豊かなので、数学の要素を抜きにしても十分面白いです。
    そこに思わず人に話したくなるような数学の知識も盛り込まれており、楽しいの相乗効果が生まれているような気分になりました。

  • 全面が白いルービックキューブの存在自体は知っていたが、その上目隠しキューブだなんてとてもじゃないが無理。
    そのままのルービックキューブもできないし……。
    ルービックキューブの中なんてなかなか入れるものでもないし、渚が興奮するのも分からなくはない。

    渚の発言は数学を殺しの道具にせず、真理を愛する人間に与えられた共有財産だと考えるからこそのものだと思う。
    敏腕企業家のルイ嬢も数学の魅力の前では虜になるし、渚の愛情はすごいと思う。

    プレーゲル川の橋の問題は頭をひねらせたことがある。懐かしい。

    柳田さんの解説も面白かった。

  • 義務教育から数学が外され、数学の地位が低下した世界で数学の地位向上を目指して暗躍するテロリスト集団「黒い三角定規」と、それに立ち向かう数学好きの中学二年生・浜村渚が繰り広げる数学ミステリ第2弾。
    本書ではルービックキューブを題材に、その数学的な位置づけ、立方体に隠されたたくさんの図形の話など、蘊蓄もちりばめながらルービック王子とある意味ゆるーく戦う話や中国・上海で開発された新世代セラミックに絡むお嬢様ルイの登場、法廷を舞台に数学によって証拠を粉砕していく珍しい裁判もの、キューティー・オイラーが登場し、不思議な国へと迷い込むファンタジーなどが収録されている。
    いずれもどこかゆるーい感じがしつつも数学的にはしっかりした理論に裏付けられ、きちんとした解説も施された連作短編となっている。新しいキャラクターも登場し、一方でドクター・ピタゴラスはいつまでたってもその尻尾をつかませないので、物語の行方はいやが応にも気になってくる。
    数学好きでなくても取っつきにくさを感じさせないし、数学が苦手でなければ数学の奥深さを改めて感じられるように、難しすぎず、でもはしょりすぎない絶妙なバランスを保っているのはすばらしいと思う。

  • 以前この本の1巻を買って読んだ後、息子に渡したら、面白かったので2巻も読みたいとのリクエストがあったので、買って先に読みました。
    ストーリーはかなりジュニア向けで、数学の使い方もちょっと物足りないところが多く、僕にとってはやっぱりスマリヤンの「パズルランドのアリス」なんかの方が好きですが、中学の息子にスマリヤンはまだ無理でしょうし、まあこれはこれで読みやすくていいのかもしれません。
    ただ、最後の話に出てくる「ケーニヒスベルクの橋」が一筆書きできない話は有名ですが、実はあと1本橋を架けると、それがどこであっても逆に一筆書きができるようになるというのは、今まで知りませんでした。
    これを知っただけでも、今回この本を買った価値はあったと思いました。

  • シリーズ3作目。
    三角関数の説明が、実にキュート。キュートという言葉しか思い浮かばないが、このアイデアはとにかく秀逸である。

  • 一冊目よりも少し難しくなった。
    なにかの数式が出るたびに、答えが書かれているところを読む前に自分で解いたこともある。
    そして、読みすすめることで答え合わせ。
    合っていると、なんだか嬉しい。この感じは久しぶり。

    今回のあとがきや解説はとてもよかったと感じたのでいくつか抜粋する。

    あとがきより
    「すぐに『何の役に立つのか』と大人に尋ねるのではなく、今イヤイヤ勉強していることを『何の役に立ててやろうか』と自分自身の中で常に考え、将来の楽しみに変えていけるような人間を目指してみるっていうのはどうですか」

    解説より
    「『浜村渚の計算ノート』シリーズは、数学との出会いがうまくいかなかった大人たちが、浜村渚を通して、数学との出会いをやり直していく物語ではないだろうか」

    学生の頃に、この本に出会いたかった。

  • すーっと読み切りました。このシリーズ、楽しすぎる。
    ただ、もうひとつストーリーを追えてない気がするので、またいつか読み直そうかと思ってます。

  • どうしても、テロリストに対して、君たち手段間違ってるよと声を大にしていいたい気分が抜けないけど、まぁ、それを言っても始まらないので。ルイス・キャロルは数学大好きだったんだね。あんなセリフがあったなんて知らなかったなぁ。武藤君がちゃんと理解し始めてるのが偉い。読んでも全然理解できてない私。読み飛ばしてるのもいけないんだろうけど。

  • 2019/10/24~10/26

    数学テロ組織「黒い三角定規」との闘いは終わらない。数学好き中学生・浜村渚と警視庁特別捜査班の今回の敵は、弱冠二十歳で米国名門大学留学資格を得た美女、コードネーム「キューティー・オイラー」。4×5が12になるような特殊進法に支配された世界で、渚と武藤刑事の命をかけた期末テストが始まる!

  • 前作より渚ちゃんの人となりがより判る2冊目。数学以外は苦手でテストに悩んだり友達が出てきて普通にじゃれあったりして可愛い。でも事件に数学で挑む姿は相変わらず頼もしい。今回の数学はルービックキューブやn進法の説明等苦手な身としてはよりややこしくなっていたけど本文中にあるように「数式を覚えるのではなく理解する」と面白さが増した。その点では「麗しのルイ嬢」「割り切れなかった男」が良かった。「不思議の国のなぎさ」は魅力的な幹部が出てきたり元ネタを上手く絡めていたりでいいけどファンタジー強めでちょっと浮いてるかなー

全132件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。

「2019年 『浜村渚の計算ノート(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青柳碧人の作品

浜村渚の計算ノ-ト 2さつめ ふしぎの国の期末テスト (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする