夜来香海峡 (講談社文庫)

著者 : 船戸与一
  • 講談社 (2012年4月13日発売)
3.14
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771368

作品紹介

山形の寒村に中国旧満州地方から嫁いだ女・青鈴が二億円を持って消えた。青鈴を花嫁に斡旋した蔵田雄介はやくざに脅迫され、その足取りを追わされる。津軽海峡を渡り北へ北へと向かう青鈴と謎の男。日本の暴力団、中国の黒社会に加えロシア・マフィアが北の地で繰り広げる、船戸節全開の傑作バイオレンス。

夜来香海峡 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たくさんどうしようもない人が出てきて、それぞれ背景が語られて、みんな幸せになってほしいけど、、って話。船戸作品にしては温めの温泉に浸かってる感じ。でも途中で投げ出せる箇所がなくてイッキ読みした。タイトルからアジア圏の話だとは思ったけど、まさか東北と北海道からでられないとは、思っても見なくて、閉じ込められてる感じが強い。

  • もう少しかっこいい人に活躍してもらいたい。
    ヤクザが車オタクなのがおもろい。

  •  秋田に本拠を置き、東北各地の嫁不足に苦しむ農家に中国東北部出身の女性を「紹介」=輸入するNPO法人「国際友好協会」。会長の蔵田雄介のもとに、かつて嫁を世話した圏内の農家から、中国人嫁が失踪したという知らせが入る。蔵田が後を追い始めた同じ女性は、広域暴力団・天盟会が行方を捜している人物でもあった。以後、蔵田の前には、ロシア・中国・北朝鮮・日本それぞれの黒社会の抗争の様子が、少しずつ姿を見せ始めていく――。

     秋田市内の詳しい様子など、東北・北海道の過疎と不況に苦しむ街々のありようが描出されていて、思わずネットで調べながら読んでしまった。続きが気になって一気に読み進めたが、「鉄平さん」という魅力的なキャラクターを生かし切れなかったことがほんとうにもったいない。これではただの鉄砲玉だ。人間性の大きさ、懐の深さを感じさせるこの人物が、もっと物語の中で活躍してほしかったと思うのは、私だけではないはずだ。

  • 20150411

  •  船戸節不発。「満州国演義」に全力集中のせいか、年齢のせいか?

  • 2014.4.30(水)¥250。
    2014.6.12(木) 。

  •  船戸にしては世紀の凡作といったところの作品。作者名を伏せられて読んでいたら、船戸の文体を模倣した新人かと思えるような愚作ではないか。

     東北の寒村にアジアの花嫁を斡旋する仕事についている蔵田雄介が、花嫁の失踪事件を追いかける。おまけに花嫁は、曰くつきの金二億円を持って遁走した。山形から北へ北へと追跡劇が始まり、物語は津軽海峡を渡って夕張に立ち寄り、稚内で終結を迎える。

     その間、暴力団、中国黒社会、ロシアン・マフィアと次々に魑魅魍魎が現われて、一方で死体が増えてゆく。大体こういう設定に出現しがちな陰惨な印象のあるナイフ使いが、最後の最後までしつこく血の印象をもたらす。神話の果ての殺し屋は凄かったな、とピーク時の船戸と較べるとさすがにちんけな印象を拭えない。

     近作ハードボイルドであった『藪枯らし純次』はそこそこ面白かったのだが、本作はちとエンターテインメント要素がてんこ盛りで、サービスに過ぎる分だけ、値段に見合ったハードカバーとはならず、ノヴェルズでよかったのではないか、と思われるくらいのありきたりなハードアクションであったように思われる。

     そもそも日本を舞台にした現代劇はあまり評判のよろしくない船戸である。同時に大沢在昌が、どちらかと言えば船戸ライクな『罪深き海辺』を上梓したばかりで、そちらがしっとりとアダルトな印象を楽しめるのに対し、こちらは少しキャラクター同士の絡みが弱いように思われる。

     花嫁紹介業の主人公が暴力団から責任を追及され女を追うという設定自体にそもそも無理があったのかもしれない。

     舞台が北海道だっただけに、こちらの期待が大きすぎた。残念。

  • 結局良い結末(?)を迎えた登場人物は一人だけ。特に何かが解決した訳でもなく、正直すっきりした読後感ではない。

  • 久しぶりの船戸小説。相変わらずのハードボイルド。東北で結婚紹介所を営む主人公、金を持って逃げる中国女、イタリアの車に異様にこだわるヤクザ、昔うでを振るったとび職、東北、北海道を舞台にロシアマフィア、中国ヤクザ、日本のヤクザが金とビジネスを求めて暗躍する。北朝鮮からの嫁斡旋ビジネス。いろんな世界があることはわかるが本の帯にあったような切なくて涙が止まらない、、という世界観ではなかったかな。。

全9件中 1 - 9件を表示

夜来香海峡 (講談社文庫)のその他の作品

船戸与一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
高野 和明
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

夜来香海峡 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする