猟犬 特殊犯捜査・呉内冴絵 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (1)
  • (10)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771474

作品紹介・あらすじ

高校時代、同級生にレイプ未遂された冴絵は薬指を失った。義指となってピアニストの夢は絶たれたが、代わりに冴絵は警視庁捜査一課の警部補となった。肉体は鍛え上げられ、闘う術としての冷静さを備えた。埼玉と渋谷で勃発した連続篭城銃乱射事件。人間の悪意に近づく冴絵の心は、深い海の静寂に満ちていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 食らいついたら、最後まで離さない、まさしく「猟犬」の名にふさわしい女刑事 呉内 冴絵。

    ブラジル人の祖母を持つエキゾチックな雰囲気を持つ彼女は、警視庁捜査一課特殊班捜査、通称 SITに所属する。

    風俗嬢ばかり狙った連続殺人事件や、続けて、連続銃乱射事件が発生する。。
    実行犯は、その場で射殺されるが、動機が分からない。

    やがて、事件の黒幕の姿が見えてくるが、証拠が掴めず、冴絵の苦悩が続く。
    最後に、ゆとり刑事の小野寺の何気ない一言で、一気に事態が進む。

    ぜひ、シリーズ化を。








  • 文庫女子への、反対案として。

  • さらりと読めるし悪くないけど、こういう話はあまり好きじゃない。

  • とにかく主人公がかっこよくて文体も読みやすかった。冴絵さんモテモテすぎるけど、確かに身近にこんな女性がいたらついその気になってしまうかもしれない。

  • マッチョハードボイルド。
    ワイルド。でもちょっと単純?

  •  いやはや、3章はねぇ。

  • 警視庁SITに所属する女刑事が銃乱射事件に挑む話。
    大沢在昌とか深町秋生とかのノリが好きなら楽しめるはず。
    それにしても「強い女はタンクトップ」というイメージは,エイリアンのシガニィ・ウィーバか,ターミネータのリンダ・ハミルトンあたりで定着したのだろうか・・・。

  • レズの女刑事がモテまくりながら事件を活躍する話。

  • 主人公があまり好みではないが、作品としては読みやすかった。

  • すんなり読めたけど、私の好みじゃないなあ、

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

2000年に第1回富士見ヤングミステリー大賞を受賞、2002年角川Next賞を受賞。代表作は『ヤングガン・カルナバル』シリーズ、『ゴルゴタ』、『GENEZ』シリーズなど。『魔法少女特殊戦あすか』原作、『ちょっとかわいいアイアンメイデン』原作、『王様達のヴァイキング』ストーリー協力。TVアニメ『PSYCHO‐PASS』1期、『PSYCHO‐PASS 劇場版』(ともに虚淵玄と共同脚本)にて、ニュータイプアニメアワード脚本賞受賞。TVアニメ『ベルセルク(2016)』シリーズ構成。

猟犬 特殊犯捜査・呉内冴絵 (講談社文庫)のその他の作品

深見真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする