アカネちゃんの涙の海 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.42
  • (31)
  • (19)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 185
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771580

作品紹介・あらすじ

誕生日、おおかみの姿でアカネちゃんの所に来たパパには、実は死に神が近寄っていた。モモちゃんとアカネちゃんは多くの出会いや別れを経験し、前に歩き続ける。どうして人は亡くなるの?核実験や戦争は誰がなぜするの?『アカネちゃんとお客さんのパパ』『アカネちゃんのなみだの海』収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『アカネちゃんの涙の海』タイトルを見るだけでも涙を誘いそうだ。

    モモちゃんとアカネちゃんシリーズの最終話となる今作では、遠い国で行われる戦争に心を痛めるアカネちゃんや、別れて暮らすパパとの永遠の別れなどが描かれている。少しずつ間を置いたりしながらゆっくりと読んでいった。

    アカネちゃんが流す涙に思いを馳せながら、自分の中のかすかな記憶を一つ掘り起こした。祖父が亡くなって何年かしての法事。何度目かは忘れたが、けっこう親戚が集まったから三回忌とかそういう特別なものだったのだろう。その日は雨が降っていた。静かな小雨だったと思う。お坊さんの読経と焼香が済んで、みんなで後片付けをしている時に、親戚のおばちゃんの一人が外の雨を見て、

    「おっちゃん、みんな来てくれて嬉しい嬉しい言うて泣いてるんやなあ」

    と微笑みながら言った。みんな「そうやなあ」とか言っていた。うちの母方の親戚は女系で昔みんな近くに住んでいたからとても仲がいい。その言葉はその場にいたおばちゃん達の誰から発せられてもおかしくない雰囲気だった。その言葉には自分よりも何度も人とのお別れを経験している人の悲しみの取り扱い方が滲み出ていた。私はごく若かったので、そこに共鳴するだけの人生経験も、言葉に乗せられる重みも持ち合わせていなかった。私もいつかこんなことをさりげなく言えるようになるのだろうか、とふと思った。

    雨を見て嬉し涙の方へと想像力がはたらくこともあれば、実際に流される涙が、別のものを想起させることもあるだろう。アカネちゃんが流す涙は、海となってくじらを呼び寄せる。核実験によってやけどをした地球の傷口を冷まそうとする。本来、涙は人間が持っている機能、という目でみれば、傷を癒していつもの心の動きを取り戻す、あくまで自分自身のためのものだろう。でも、この本の中で描かれるように、他の人へ働きかける作用も涙は持ち合わせているように思える。そんなことを思いながら読み終わった。

    子供が読んでわかるようなシンプルな言葉だからこそ、涙の向こうにある様々な感情が直接的に響く。泣いている子供を見る目が少しだけ変わるような体験だった。

  • モモちゃんシリーズ読み終えた。
    深く考えさせられたのだが、楽しく素晴らしい本。
    こんな本、きっと他にない。

    アカネちゃんの涙の海では、パパについて完結するのだが、パパに会いに行く冒険があったり、モモちゃんのつらく悲しい気持ちに胸がつまりました。

    でも、ツバキの赤い花や真っ赤なもみじの素敵な場所でよかった。

    夏みかんや、サルスベリ、戦争と日曜日の学校だったり忘れ物1等賞なんかが心に残る。

    子どものころ読んで、大人になってまた読んで、子育て終わってからもまた読んでみたくなる本じゃないかな。

    • 9nanokaさん
      パパが死んでしまって気丈なモモちゃんが泣き明かした話、とても悲しかったです。
      別れてもパパはパパと説明していたのに、パパ死んじゃった…って...
      パパが死んでしまって気丈なモモちゃんが泣き明かした話、とても悲しかったです。
      別れてもパパはパパと説明していたのに、パパ死んじゃった…って感じでした。
      戦争反対、私も印象深かったです。
      私も子育てできたらまた読んでみます(^^)
      2014/11/22
  • 作者が夫と別れ、夫の死を子どもたちに伝える童話である。

  • 再読。パパと永遠にさよならした後のさびしさは、年を重ねた自分もモモちゃんたちと一緒。親目線で再読したけれど、そこだけは子どもに還って読んでいた。
    アカネちゃんの森での上映会のように、出生前後の出来事を自分の子どもに見せられたらいいなぁ。
    読後、家族の優しさと前に進む力強さに包まれる。

  • 2012/1

  • 文庫版最後の三冊目には、『アカネちゃんとお客さんのパパ』『アカネちゃんの涙の海』の二作が収められています。
    涙の海のほうは、読んだのは初めてだったと思います。

    話の中心はモモちゃんからアカネちゃんへといつのまにか移っていて、特にアカネちゃんが、パパの不在という現実と向き合っている姿が多く描かれます。
    とはいえ離婚のことだけでなく、戦争反対や核実験反対の話も出てきます。

    泣き虫のアカネちゃんは、涙の海ができるほど泣いてしまうこともあります。
    いつも強くて明るいしっかりもののお姉ちゃんのモモちゃんも、パパとの悲しいお別れのときには、涙の海にやってくるくじらの赤ちゃんも戸惑ってしまうくらい、昼も夜もなく泣き続けました。

    でもみんなみんな大きくなって、天国に行っても尚ひとところに留まらずに歩き続けているパパのことを、パパらしいねと言って、ママと三人で笑って話す日がやって来るのでした。

    第六作『~涙の海』発表が1992年。第一作『ちいさいモモちゃん』の初出1961年から30年も経っての完結。

    母でありながら物書きであった松谷みよ子さん、2015年2月に89歳で亡くなりました。
    この勢いで、自伝『じょうちゃん』を読もうと思います。

  • 「ちいさいモモちゃん」のその後がとても気になっていたので、本屋さんで見つけたときは即買いましたが・・・
    とても読んでいて辛かった。

    親が離婚するという事を、子供はどのようにして理解して納得するのか・・・いつも気になっていました。

    それでも毎日は過ぎていくし、毎日メソメソしている訳にはいかないし。
    けなげに自分の身に起った事を、事実として受け止めるしか無いのだと感じた。

    これはお母さんが子供の視線になって書いているから、まだ母親である私も理解しやすいが
    実際のところ、子供はこんな風にすんなり受け止める事はできないのではないだろうか。

    ともあれ、何とか前に進もうとしている事がわかって、苦しいながらも安心しました。

  • すっかり大きくなったモモちゃんが頼もしいです。
    アカネちゃんが学校でからかわれたことを知ると、その子たちをぶっとばしてやる、と頼もしいです。

    アカネちゃんも大きくなり、うちにはどうしてお父さんがいないんだろうって悩んで哀しみます。その姿をみるのはとても苦しいです。
    そうやって子供ながらにいろんなことを考えて、哀しんだり、乗り越えたり、周りの人に助けられたり。

    モモちゃんもモモちゃんでおねえちゃんだからと、パパのことを何も言わないで我慢していたり。

    子供たちの成長する姿にたくさんのことを教わりました。

  • 「でもその声は、
    とっても青い空によくにあっていて、
    まるで上等のバターをのせたように、
    青い空にとろっととろけて光りました。」

    こういう、どうしようもなくときめいて
    脳味噌もとろとろとなってしまいそうな言葉たちが、
    なんでもない顔をしてあちこちに潜んでいる凄さ。

    モモちゃんとアカネちゃんの成長ぶりに
    親戚のおばちゃんみたいな気分で頼もしく感じつつ、
    気付いたらあれこれに泣いていた。

  • 今までの中で一番衝撃的でした。
    児童文学でありながら戦争、核兵器、離婚、いじめ、死についてふれています。アカネちゃんやモモちゃんの視点でみたそれらの問題はより切実に感じられました。

全25件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

松谷みよ子の作品

アカネちゃんの涙の海 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする