さようなら窓 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (23)
  • (31)
  • (31)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 281
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771665

作品紹介・あらすじ

「眠れるまで、またなにか話をしてあげようか」。家族と離れ、恋人のゆうちゃんと暮らしはじめたきいちゃん。いつからか、うまく眠れなくなったきいちゃんに、ゆうちゃんはいつも、少し不思議で胸がぎゅっとなる「おはなし」をしてくれた。寝る前に一篇ずつ味わいたい、12の連作短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほんわかした中にさみしさが詰まっている物語。
    自信なさげなきいちゃんと、どこまでも優しいゆうちゃん。読みながら「東直子」の世界だなぁ、とずっと感じていた。
    小説はもちろんよかったが、西加奈子のあとがきで、ストンと気持ちが落ち着いた気がする。

  • ゆうちゃん きいちゃんの繋がりが
    イマイチ

  • p46「のうみつなぶどうの甘い香りが部屋中に充満していた。」
    「ゆうちゃんのそういうお気楽なところが、好きで、そしていぶかしい。」

    恋人のゆうちゃんのおうちでの居候ぐらし。不安で何もできず眠れないときにしてくれるお話。
    あたたかくて愛のある、そして胸がキュウッとなるお話でした。カブトムシの話。ぶどうジャムの話。でもふわふわしすぎているというか、女の子がゆうちゃんに(心理的に)まとわりすぎている臆病な感じが、モヤモヤする。と思っていたら…仕方ないのかな。でもキュウッとなる。

  • 不安定な主人公をやさしく見守る彼。でも、変わるのって自分でどうにかするしかない。変わるのも振り回すのも、すべて自分軸の主人公。数年前の自分を見ている気がして、かすかな苛立ちをずっと持ちながらよみました。なかのエピソードに、「いとの森の家」の話かな?と思うものがありました。

  • ひとりでうまく眠れないきいちゃんのために、恋人のゆうちゃんはいつも不思議なお話を聞かせてくれた。やさしくてさみしい、静かな再生の物語。

    ゆるい短編連作なのかなと思っていたら、終盤でどんどんお話が進んでいき、読み終わったときには胸がずっしりと重たかった。いい意味で騙された感じ。
    「さようなら窓さようならポチ買い物にゆけてたのしかったことなど」
    冒頭に載っている上記の歌が、また素敵。

    ゆうちゃんは『いとの森の家』に出てきたおハルさんなど、どこかで聞いたことにあるお話を聞かせてくれるので、合わせて筆者の本を読むとより一層楽しめるかもしれない。

  • ずるいなあ…きいちゃんに嫉妬しかない

    いくら精神的に不安定さがあったとしても
    少し歪んだ関係であっても
    年を重ねた自分にはちょっと読むのも恥ずかしいくらいの かわいくて羨ましい恋愛物でしかないかなあ…
    と読み進めたものの なんだろう 読後のこの感じ
    いつになくとても気持ちが重たい…

  • (リリース:明子さん)

  • 東直子さんの小説を読んだのは初めて。

    泣き虫で不眠症っぽい二十歳の女の子とその恋人の話。
    きいちゃんは甘えん坊で一人で何も出来なくていつも泣いてばかり。
    眠れないきいちゃんのために恋人ゆうちゃんは毎晩昔体験した不思議な話をしてくれる。

    ゆうちゃんと一緒にいるときのきいちゃんはやっぱり甘えてばかり。
    ゆうちゃんのいないとこではけっこうまともなんじゃないかな。
    そこに二人が気づいていくお話。

    青鬼
     美容師の恋人に部屋で髪を切って染めてもらうなんていいなあ。
    カブ
     5年も生きたカブトムシの話
    お春さん
     死刑囚に手作りのクッションなんかを届けるおばあさんの話
    サルコ
     中学のときに転校してきた不思議な美少女の話
    岩ちゃん
     昔、ゆうちゃんのアルバイト先にいた偽物の岩を作る名人の話。
    ピョートル大帝
     ゆうちゃんの高校時代の友人につきまとうピョートル大帝という渾名の男の話
    希望
     きいちゃんの血のつながってない妹の話
    くしゅ
     耳からくしゅが出る度に少し背が縮んでしまうゆうちゃんの職場の先輩の話
    パーパ
     ゆうちゃんの部屋の隣りを借りて住もうとした白髪混じりの悲しい話
    ホラン
     SFっぽいホラ話ばかりする女の子の話

    楽水
     半年の余命宣告を受けたきいちゃんのお父さんの話
    ゆうちゃん
     自分たちの関係について考えたゆうちゃん、そしてゆうちゃんから離れて生きていこうと決めたきいちゃんの話

    死と別れの切ない話。
    二十歳の女の子の成長の話でもあります。

  • 情緒不安定気味なきいちゃんと一緒に暮らしているゆうちゃんの物語。
    ゆうちゃんのお話や、意図的にひらがなを多用していることもあり、なんだかゆるっとした雰囲気。
    優しすぎるゆうちゃんと不安定なきいちゃんという二人なので、ただ穏やかなだけではなくて、不穏な空気がつねに漂っていて、不思議な読み心地。

  • よいん。

    甘い水とかミトンさんとかも読んだけど、こっちのがすき。
    連作短編。

    ぎゅっと切ない、爽やかな残酷さ。


    言葉のとうめいさ。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

「2019年 『しびれる短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さようなら窓 (講談社文庫)のその他の作品

さようなら窓 単行本 さようなら窓 東直子

東直子の作品

さようなら窓 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする