さようなら窓 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (23)
  • (31)
  • (31)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 281
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひらがな多めの童話タッチのトーンで、全体の雰囲気も、ひとつひとつのエピソードも嫌いではないんですが、個人的には主人公「きいちゃん」のキャラが最大の難点でした。申し訳ないけど全く共感できない。

    他人と上手くまじわれないのは感受性が強いから、不幸な生い立ちだから変わった子に育っても仕方ないみたいな、自分を甘やかしてる感じがとても苦手です。結局そういうのって、弱い自分、繊細で傷つき易い自分が大好きで自己陶酔してるとしか思えない。不思議ちゃん、と括ってしまえばそれまでだけど、この子の言動があまりにも幼稚でイライラしすぎて、途中何度も本を投げそうになりました(こらこら)。「サイレントきつねさん」とか、素直な人はほのぼのするかもしれない場面で、「しばいたろか!」と思う私が心の汚れた大人なだけでしょうか。

    一方彼氏の「ゆうちゃん」は、基本的にはすごく良い子で、彼が「きいちゃん」に語って聞かせるエピソードはどれも一つの物語として成立していて、その部分はとても魅力的でした。ただあまりにも良い子すぎて、もういっそドリームっていうか、逆に都合の良いだけの男っていうか、あるいは逆に病んでる子しか好きになれない彼もまた病んでるのかなって思ってしまう(後者はある意味正解)。そういう意味ではラストだけは正解だと思うし、最終的にヒロインが成長するためにはスタート地点では未熟であることは必然なのかもしれないけれど、これはもう個人の感じ方ですよね。私は本当にこの主人公の性格は受け付けなかったし、絶対友達にもなりたくないし、結局最後まで拒否反応しか出なかった。心のきれいな人だけ読むがいいよ。

  • こんなのには年を取りすぎてしまった。
    主人公中学生にしたらいいんじゃないか。
    精神年齢は小学生。

著者プロフィール

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

「2019年 『しびれる短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さようなら窓 (講談社文庫)のその他の作品

さようなら窓 単行本 さようなら窓 東直子

東直子の作品

ツイートする