さようなら窓 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (23)
  • (31)
  • (31)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 281
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771665

作品紹介・あらすじ

「眠れるまで、またなにか話をしてあげようか」。家族と離れ、恋人のゆうちゃんと暮らしはじめたきいちゃん。いつからか、うまく眠れなくなったきいちゃんに、ゆうちゃんはいつも、少し不思議で胸がぎゅっとなる「おはなし」をしてくれた。寝る前に一篇ずつ味わいたい、12の連作短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家を出て
    ひょんなことから
    ゆうちゃんの家に転がり込むことになった
    きいちゃん。

    一人暮らし歴が長く
    ジャムだって作れる
    美容師のゆうちゃん。

    少し情緒不安定な
    二十歳の女の子・きいちゃんと
    困っている人をほっとけない
    優し過ぎる青年・ゆうちゃんの
    甘く切ない恋模様を描いた
    連作短編集です。



    ガソリンの匂いと共に食べた晩御飯の思い出、

    長生きしたカブトムシの話、

    アメリカ帰りの
    優しいおばあさんの話、

    不思議な転校生・サルコの話、

    特撮会社の岩職人、
    岩ちゃんの話、

    身体が小さくなる病気を患った
    先輩美容師ミリさんの話、

    など
    いつからか眠れなくなったきいちゃんのために
    毎晩話してくれる
    ゆうちゃんのちょっと不思議で
    切ないお話の数々。


    このひとつひとつの物語が
    本当に面白くて
    ついつい引き込まれていく。
    (ゆうちゃんの語り口の上手さと
    きいちゃんの素直な合いの手の妙!)



    優しくはあるけれど
    どこかドライで覚めた
    ゆうちゃんの言葉と、

    深い繋がりをいつも求めている
    きいちゃんの想いとの
    悲しい温度差。


    ほんの僅かな
    すれ違いから
    次第にギクシャクしてくる二人の関係。


    そこから自分の生活を見つめ直し、
    ゆうちゃんに依存した
    楽だけどふわふわしただけの場所から、

    自分の足で歩いていこうと
    もがき続けるきいちゃんの姿に
    なんか共感してしまいました。


    それにしても
    切なさを内包した
    キラキラとした言葉や、

    本業が歌人である東さんだけに、
    独特のリズムで進む文章が
    妙に心地いい。


    劇的な出来事なんてなくても
    当たり前に揺れ動く小さな感情を、
    壊れ物を扱うように繊細に積み重ねていく
    小説に心惹かれます。

    その意味でも
    この小説はまさにツボで、
    夢見るように儚くて
    切なく胸に残る、
    あたたかい文章に
    一気にファンになってしまったくらい
    そこに流れる空気感が好きなんです。



    二人手を濃い紫色に染めての
    ぶどうジャム作り。

    二人の指で作った
    ほどけない知恵の輪。

    微笑ましい
    ベッドの中のキツネ遊び。


    好きな誰かと過ごす
    永遠を感じるひととき。


    独り身の人は
    二人でいることの自由をうらやましく思うだろうし、

    たった一人の理解者と
    今を生きている人には
    いろいろと参考になる恋愛小説だと思います。

  • すごく良かった。西加奈子さんの解説にあるように、東直子さんの本は、人間の危うさを描いている気がする。それを彼女は「こわさ」と言っている。
    この本の主人公のきいちゃんを観ていると、昔の自分を見ているようで、自分でもよくわからない断崖絶壁をきいちゃんがフラフラと渡り歩いている様は、ハラハラした。
    きいちゃんは、ゆうちゃんと出会って、支えてもらって、大切にされて、少しずつ足りなかった何かを取り戻していくようだった。
    でも、それでも、それが心から漏れていくスピードの方がずっと早くて、きいちゃんはいつも何かに飢えている。それは愛情だったり、死だったり、孤独だったり、いろんな形で、ゆうちゃんの物語に溢れているのだ。
    深い愛情に支えられて、きいちゃんは真っ暗な闇の中で、立ち直りたいと願うけど、結局最後の最後に立つことが出来たのは、彼女自身の強さゆえだった。そうしなきゃいけない、という義務感と、そうすれば何かが変わるかもしれないと思える希望が、きいちゃんを奮い立たせる。
    それをそっと後ろで見守って、ゆうちゃんも一つ決心するのだ。
    本当に昔の私を見ているようだった。この世に万ある本の中で、昔の自分にそっくりな主人公が出てくる本なんて、なかなかない。これもまた巡り合わせなのかもしれないなぁと思った。
    きいちゃんほどの修羅場は、私にはなかったけど、それでも、個人的には沢山辛いことがあった。私は彼と乗り越えることを選んだし、それを後悔していない。
    きいちゃんには、まだまだこれから辛いことがいっぱいあるだろう。でも、それ以上に素晴らしいことも沢山あるだろう。一つ乗り越えるたびに、彼女を褒めてあげたいと思う。過去の私が、今の私を少しだけ褒めてやりたいのと同じように。

  • 眠れなくて、胸がぎゅっと苦しくて、それを傍に居る人に悟られたくなくて、じっと丸くなっている。
    そういう経験のある人に。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「傍に居る人に悟られたくなくて」
      福田利之のカバー画が、仄かに明るくて優しげな感じなのに、お話は辛そう。。。
      「さよなら」「窓」って何だろう...
      「傍に居る人に悟られたくなくて」
      福田利之のカバー画が、仄かに明るくて優しげな感じなのに、お話は辛そう。。。
      「さよなら」「窓」って何だろう気になるなぁ~
      2012/05/29
  • 柔らかくて温かい優しさに浸かったままのきいちゃんに、時々いらいらさせられながら羨ましくもあった。

    自分で立ち上がらなくても笑っていてくれる存在がいるなら、そんな世界、理想的すぎるじゃないか。

    でも……それではバランスが保てないのだ。人間って難しいものだな。

    島本理生の『シルエット』を思い出す。無条件の抱擁。
    ゆるい小説が好きな方には、ぜひ。

  • ほんわかした中にさみしさが詰まっている物語。
    自信なさげなきいちゃんと、どこまでも優しいゆうちゃん。読みながら「東直子」の世界だなぁ、とずっと感じていた。
    小説はもちろんよかったが、西加奈子のあとがきで、ストンと気持ちが落ち着いた気がする。

  • ゆうちゃん きいちゃんの繋がりが
    イマイチ

  • p46「のうみつなぶどうの甘い香りが部屋中に充満していた。」
    「ゆうちゃんのそういうお気楽なところが、好きで、そしていぶかしい。」

    恋人のゆうちゃんのおうちでの居候ぐらし。不安で何もできず眠れないときにしてくれるお話。
    あたたかくて愛のある、そして胸がキュウッとなるお話でした。カブトムシの話。ぶどうジャムの話。でもふわふわしすぎているというか、女の子がゆうちゃんに(心理的に)まとわりすぎている臆病な感じが、モヤモヤする。と思っていたら…仕方ないのかな。でもキュウッとなる。

  • 不安定な主人公をやさしく見守る彼。でも、変わるのって自分でどうにかするしかない。変わるのも振り回すのも、すべて自分軸の主人公。数年前の自分を見ている気がして、かすかな苛立ちをずっと持ちながらよみました。なかのエピソードに、「いとの森の家」の話かな?と思うものがありました。

  • ひとりでうまく眠れないきいちゃんのために、恋人のゆうちゃんはいつも不思議なお話を聞かせてくれた。やさしくてさみしい、静かな再生の物語。

    ゆるい短編連作なのかなと思っていたら、終盤でどんどんお話が進んでいき、読み終わったときには胸がずっしりと重たかった。いい意味で騙された感じ。
    「さようなら窓さようならポチ買い物にゆけてたのしかったことなど」
    冒頭に載っている上記の歌が、また素敵。

    ゆうちゃんは『いとの森の家』に出てきたおハルさんなど、どこかで聞いたことにあるお話を聞かせてくれるので、合わせて筆者の本を読むとより一層楽しめるかもしれない。

  • ずるいなあ…きいちゃんに嫉妬しかない

    いくら精神的に不安定さがあったとしても
    少し歪んだ関係であっても
    年を重ねた自分にはちょっと読むのも恥ずかしいくらいの かわいくて羨ましい恋愛物でしかないかなあ…
    と読み進めたものの なんだろう 読後のこの感じ
    いつになくとても気持ちが重たい…

  • (リリース:明子さん)

  • 東直子さんの小説を読んだのは初めて。

    泣き虫で不眠症っぽい二十歳の女の子とその恋人の話。
    きいちゃんは甘えん坊で一人で何も出来なくていつも泣いてばかり。
    眠れないきいちゃんのために恋人ゆうちゃんは毎晩昔体験した不思議な話をしてくれる。

    ゆうちゃんと一緒にいるときのきいちゃんはやっぱり甘えてばかり。
    ゆうちゃんのいないとこではけっこうまともなんじゃないかな。
    そこに二人が気づいていくお話。

    青鬼
     美容師の恋人に部屋で髪を切って染めてもらうなんていいなあ。
    カブ
     5年も生きたカブトムシの話
    お春さん
     死刑囚に手作りのクッションなんかを届けるおばあさんの話
    サルコ
     中学のときに転校してきた不思議な美少女の話
    岩ちゃん
     昔、ゆうちゃんのアルバイト先にいた偽物の岩を作る名人の話。
    ピョートル大帝
     ゆうちゃんの高校時代の友人につきまとうピョートル大帝という渾名の男の話
    希望
     きいちゃんの血のつながってない妹の話
    くしゅ
     耳からくしゅが出る度に少し背が縮んでしまうゆうちゃんの職場の先輩の話
    パーパ
     ゆうちゃんの部屋の隣りを借りて住もうとした白髪混じりの悲しい話
    ホラン
     SFっぽいホラ話ばかりする女の子の話

    楽水
     半年の余命宣告を受けたきいちゃんのお父さんの話
    ゆうちゃん
     自分たちの関係について考えたゆうちゃん、そしてゆうちゃんから離れて生きていこうと決めたきいちゃんの話

    死と別れの切ない話。
    二十歳の女の子の成長の話でもあります。

  • 情緒不安定気味なきいちゃんと一緒に暮らしているゆうちゃんの物語。
    ゆうちゃんのお話や、意図的にひらがなを多用していることもあり、なんだかゆるっとした雰囲気。
    優しすぎるゆうちゃんと不安定なきいちゃんという二人なので、ただ穏やかなだけではなくて、不穏な空気がつねに漂っていて、不思議な読み心地。

  • よいん。

    甘い水とかミトンさんとかも読んだけど、こっちのがすき。
    連作短編。

    ぎゅっと切ない、爽やかな残酷さ。


    言葉のとうめいさ。

  • ぶどうジャム、小さな世界と何時もの会話。不思議な人と不思議じゃない終わり。続き。

  • 大学生のきいちゃんは家出をして、恋人のゆうちゃんのアパートに転がり込む。
    ゆうちゃんが寝物語に話してくれる少し不思議なエピソード、2人の遭遇した不思議な出来事を描いた連作短編集。

    東さんは歌人だから、短いフレーズに豊かな世界を乗せるのはお手の物。
    童話っぽいゆったりした語り口が読んでいて余計に現実感を無くす。

    穏やかな2人の日々だけれど、常に終わりの気配を孕んでいる。
    どんな結末になるのだろうと思ったけれど、私には意外な終わり方だった。

  • きぃちゃんの愛と成長の物語。優しくてどこかポワポワした、いつも見守ってくれるゆうちゃんの家に居候し、眠れない夜にゆうちゃんは、少し不思議な自分の昔話をしてくれる。きぃちゃんは精神不安定で、幼い印象があって、ゆうちゃんに依存している。後半、家を飛び出してきたきぃちゃんと家族との交わりから、ゆうちゃんから離れ、一人で生きて行こうとする流れが切なくも良かった。また、色々と抱えこむ人たちとの出会いも、上手く言えないけど、人間がもがきながら生きていることを教えてくれたのかな。きぃちゃんに少し自分が重なる。

  • きいちゃんはちょっと不安定。ゆうちゃんのほんとの気持ちもわからなかったから、続きがどんどん気になったな。

  • わたしは多分ずっとゆうちゃんみたいなひとを探してるんだろう。だからわたしにとってこの物語はかなしかったけど、いとおしくてたまらないものだった。
    きいちゃんを抱きしめてあげたい。よく頑張ったねえらいねって言って、一緒にわんわん泣きたい。

  • オリオン書房で平積みされてておもわずジャケ買い。ぜんっぜんきいたことなかったけど、タイトルと可愛い装丁に惹かれて。
    なんというか、解説の西加奈子さんの言葉を借りて、
    やさしくて、こわい
    話だと思いました。
    2013/02/10読了。

  • 最初の数ページから泣いてしまった…家で読んでたら泣きっぱなしだったと思う。甘やかされることで腐っていくじぶんを見ながら、どうしようもあるのに、どうしようもないとこにこだわることで、うまく生活のポケットの中に隠れる。学生だからこそできるし、家族だからこそ逃げられないし、遂に優しさが甘やかしにしか感じられなくなる…っていうのは、あーもーなんだかなぁ。究極でさびしすぎる一連のごっこ遊びに、いちいち泣いてしまいました。
    東さんの小説初めて読んだのですが、短歌の世界が解かれたような不思議さを感じて、これはどういうことかなーと思ったんだけど、たぶん複数の短編から構成されてるからだと思う。章立てというよりは、それぞれが独立してるように思えて、より世界観が切り取られた感じになるような。

  • ことばには「書きことば」、「話しことば」とあるけど、この本は「想いことば」で書かれてる。心で想う時のことばってたしかにこんなだ。

    寂しさは誰かにすがることでは埋められないと気付いたきいちゃん。
    えらかった。がんばったね、きいちゃん。

  • 東さんの物語は、いつもガラス越しでみているのような感じがする。それも、昔の手作りガラス。透明なはずなのに、ところどころゆがんだり、色が変わったり、きらきらしたり………。そして、手が届かない。十二の物語はどれも切なくて、ゆらゆらでキラキラしている。

  • ネタバレ
    西加奈子さん推薦
    「ふわふわしてる癖に、どうしたって胸を掴んで離さない」
    というのが気になって、あと、表紙がかわいくて購入。
    比較的薄い部類なので、サッと読めます。

    まずは、甘い!甘いよー。
    かなり最初のとこ
    ゆうちゃんの指は、その森の中を自由に、すばやく走りまわる、森のおおかみ。(引用)
    のところとかで
    あ、これ駄目かもって思ってしまったけど、最後まで読みました。

    読んでるとドキドキしてくる。(良い意味ではなく、ハラハラっていうか動悸に近い。笑)
    元(本当)のお父さんが実に嫌な人で、少しは良いところも見せて欲しかったかな。(まあ、そこはしょうがないのか?)
    好きなのは、くしゅの話!ミリさん!

    サルコも少し気になる話。

    そういう不思議な感覚、ふわふわ?した感じは好き。

    でも、読み終わった後の何とも言えない感じが、いやこの終わりでいいんだろうけど…、でも、っていうのが。うーん、何度も読み返したい!!!とは、ならないかなぁ。個人的な好みの問題かな!

    あとは、妹(異父姉妹)の希望ちゃん。
    姉妹間で、通じあえてないことってあるだろうな。近くにいても、家族でも。
    自分のことしか考えてなかったとか、きいちゃん気付けてよかったね。

  • きいちゃんとその恋人ゆうちゃんの連作短編集。
    痛みを感じないって、どんな感じなんだろう。

  • ふわふわときゅんとする、感じが好きです。
    ゆうちゃんはすてき男子。こんな人いたら甘え過ぎてしまいそう。

    不安定な人ってすごくいるけど、ただ甘えてるんじゃなくって、心が弱いんじゃなくって、難しいところにいるんだと思う。
    きいちゃんのように、何かのタイミングで気づいたり変われたりするといいな、って思う。

  • ひらがな多めの童話タッチのトーンで、全体の雰囲気も、ひとつひとつのエピソードも嫌いではないんですが、個人的には主人公「きいちゃん」のキャラが最大の難点でした。申し訳ないけど全く共感できない。

    他人と上手くまじわれないのは感受性が強いから、不幸な生い立ちだから変わった子に育っても仕方ないみたいな、自分を甘やかしてる感じがとても苦手です。結局そういうのって、弱い自分、繊細で傷つき易い自分が大好きで自己陶酔してるとしか思えない。不思議ちゃん、と括ってしまえばそれまでだけど、この子の言動があまりにも幼稚でイライラしすぎて、途中何度も本を投げそうになりました(こらこら)。「サイレントきつねさん」とか、素直な人はほのぼのするかもしれない場面で、「しばいたろか!」と思う私が心の汚れた大人なだけでしょうか。

    一方彼氏の「ゆうちゃん」は、基本的にはすごく良い子で、彼が「きいちゃん」に語って聞かせるエピソードはどれも一つの物語として成立していて、その部分はとても魅力的でした。ただあまりにも良い子すぎて、もういっそドリームっていうか、逆に都合の良いだけの男っていうか、あるいは逆に病んでる子しか好きになれない彼もまた病んでるのかなって思ってしまう(後者はある意味正解)。そういう意味ではラストだけは正解だと思うし、最終的にヒロインが成長するためにはスタート地点では未熟であることは必然なのかもしれないけれど、これはもう個人の感じ方ですよね。私は本当にこの主人公の性格は受け付けなかったし、絶対友達にもなりたくないし、結局最後まで拒否反応しか出なかった。心のきれいな人だけ読むがいいよ。

  • 帯タイトルは、
    「西加奈子さん推薦!
     ‘ふわふわしている癖に、
     どうしたって胸を掴んで離さない’」

    「眠れないなら、またなにか話をしてあげようか」
     眠る前に一編ずつ味わいたい、現代の「千夜一夜物語」



    文章の感じが小説っぽくないなーと思っていたら、
    歌人の方だったんですね。

    ゆうちゃんときいちゃん。

    気弱で生真面目で甘えん坊。
    たぶん、苛々する人もいるんでは。
    私は好きです。
    こーゆー、淡い感じの本。

    文章がまぁるい感じです。
    本当物語というか絵本というか、
    小説!って感じがしない一冊です。

    外では居場所を見つけられずに
    唯一自分でいられる場所が
    恋人である美容師ゆうちゃんの住むアパート。

    眠れないきいちゃんのために、
    ゆうちゃんが話す不思議な物語が主軸で
    展開していきます。

    ゆうちゃんが話す物語が
    きいちゃんの現実に少しずつ影響していき
    不思議な出来事も起こります。

    最後、
    きいちゃんも
    ゆうちゃんも
    自分自身や相手を見つめて
    動き出すように
    切なくて優しいハッピーエンドでした。

    最初の一編が「青鬼」でしたが、
    最後まで読むと、
    すごく納得なんです。

    一冊全部読み切って
    青鬼を読み返すと、
    そーなのかあ、最初が青鬼だったのって
    意味があったのかな、って。

    やさしくて綺麗で愛しいだけではなくて、
    どこか終わりや最後を感じさせてくれるスパイスが入っています。

    「どっかにぶつかってもさあ、
     気がつかなくて、
     どんどん当たっちゃって、
     こうなっちゃうんだよね。
     痛くなさすぎて、
     生きてるかどうかも分かんないって感じ。
     もう人生そのものがわけ分かんない」


    愛しく不器用な人ばかり。
    優しくて不器用な人ばかり。
    自分勝手でワガママで憎めない人たち。

    青鬼はどうなったんだろう。
    どんな気持ちだったんだろう。

  • ゆうちゃんときいちゃんの幸せな生活。幸せな生活がなぜか悲しいのはそれがいつか終わるから。

    それにしてもピョートル大帝はその後どうなったのでしょう。

  • 反則だ、と思う。説明したくないな、と思う。ただ一つ言えるのは、わたしはきいちゃんではないのに、どうしようもない気持ちになったということ。

全44件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

「2019年 『しびれる短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さようなら窓 (講談社文庫)のその他の作品

さようなら窓 単行本 さようなら窓 東直子

東直子の作品

さようなら窓 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする