ねらわれた学園 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (13)
  • (27)
  • (52)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 309
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771689

作品紹介・あらすじ

突如、阿倍野第六中学の生徒会長に立候補し、鮮やかに当選してみせた高見沢みちる。それまで目立たない存在だった彼女は、魅力的な微笑と不思議な力で学園を支配していく。美しい顔に覆い隠された彼女の正体と真の狙いとは?'70〜'80年代に大ブームを巻き起こし、幾度も映像化されてきた日本ジュブナイルSFの金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 薬師丸ひろ子さんの表紙に惹かれて購入。映画もあったみたいですがみたことはありませんでした。てっきり高見沢が薬師丸ひろ子さんの役柄かと思って脳内再生してましたが違ったんですねf^_^;) 支配されていく怖さ、群衆心理というかナチズムをちょっと思い出しながら読みました。あっという間に読み終わる物語です。それにしても表紙の薬師丸ひろ子さんが可愛い☆

  • 学園ジュブナイルSF。超能力。1976年。
    とても読みやすく、1時間半ほどで読了。
    SF設定のなかで、教訓めいたものを暗示しているように思う。
    書かれた年代を考えると、ライトノベルの先駆け的な作品なのでしょうか。

  • この作品は1974年に連載されたものなので、著者が40歳位の時に書かれたものである。
    思ったよりも古い作品である

    ジュブナイルSFとのこと。
    ジュブナイルとは、ティーンエイジャーを対象とするようだ。

  • もし超能力で何もかも意のままに操れるとしたら・・・過去何度も映像化され、今年もアニメ映画化された日本SFの古典、ねらわれた学園。

    有名な小説であり多くの人もだいたいの内容を知っているが、ストーリーはいたってシンプル。

    しかし重要なのはその物語の背景とテーマ性だ。ファシズム、選民思想、未来への正しい選択。

    子供向けにしてはやや重すぎるが、それが現代までこの小説を生き長らえさせている秘密だろう。

    圧倒的な力を持つみちる達に対して、普通の人間のの耕児と和美が戦う場面は手に汗握る展開だ。
    超常的な力に対してあらゆる物は無力にも見えるが、唯一人の心だけは自由にできないらしい。

    心の自由を手放さなかった者が最後に勝利する話だと自分は解釈したが、たぶん人によって受け止め方は様々だろう。

    サンライズによるアニメも現代的にに内容が変えられているので、併せて見ると面白いだろう。

  • 映画化に伴い読んでみました。
    とりあえず帯を見る限りでは原作と映画は結構違うものになるんだろうな、っていう印象ですね。
    それはおいておいて、原作の感想としてはまあちょっと古い小説であることを考えれば面白いものだったと思います。
    ちょっと「!」の多用が私には読んでいてつらかったですが…。
    「!」が入ると脳内でどうしても音量拡大で再生されてしまうので、読む分には少しつらい。

    話の筋としては比較的予想が付きやすいシンプルな筋です。そこにファシズムの考え方とか絡めてあるのは結構驚きですね。

    あとこの本、かなり薄いです。そこそこのスピードで読む人なら2時間で十分でしょう。
    私は平均なのでだいたい3時間弱くらいです。

    短いこともあって話の終わりは少しあっけなく、また続きがあるんじゃないかな、と思わせる感じです。

    実際あるんですかね、ちょっと調べてないのですが…。
    きっと映画とは違う内容になると思うので、映画に興味が出てる人は読んでみると違いが出て面白いんじゃないだろうか、と思います。

    ちなみに私は最初青春恋愛ものだと思ってました

  • 非常におもしろく、あっという間に読み終えた。書かれたのは1976年ということで、学園の様子は少し今の感覚とは違って見えるのが興味深い。サイドストーリーなどがあれば読みたくなる作品。

  • 映画化されると聞き読みました。
    内容的には古さを感じましたが、
    一気に読み切ることが出来る良作です。
    現在の日本で始まりつつあるファシズムをうまく表現していると思います。

  • 阿倍野六中では高見沢みちるという女子生徒が立候補し、生徒会長の座に収まるが、彼女は超能力を駆使して学園を支配しようとしていた。
    関耕児を始めとした二年三組の生徒達は、高見沢みちると謎の少年に立ち向かおうとするのだが……。
    謎の少年こと京極は、過去改変して未来を変えようとしたが、こうもあっさりと頓挫するとなれば計画自体を練り直すべきではないだろうか。

  • 小1時間程度でサクッと読める、ちょうどよかった。

    舞台設定としては一昔前のものではあったが、まあそこまで違和感なく読めた。

    前半は全く未知のものに襲われる恐怖でだいぶ不快感が高かった(褒めてる)し、SFとして読み進めていったが、未知のウイルスに生活を狂わされている現在のことを考えるとどんどん他人事として読めなくなっていった。和美の最後の「またこんなことがある気がする…」台詞が本当にそうだな、、と思ってしまった。

    主人公の父の「君たちの行動は短略的なものであり、ああいう熱は長続きしない(端折ってます)」はめちゃくちゃ的を得ているし現実にものすごく通じるなと思った。
    現在のコロナ禍なのにも関わらず始まってしまえば盛り上がりを見せる五輪のことを考えると、なんとももやもやした気持ちになった。今こそ読むべき一冊に感じる。

    (この短さだったから読めたけど個人的にはかなり不快感強かった!)

  •  するっと、そしてすらすら読める。文体は、言葉遣いの端々にこそ時代を感じるが、読みやすいし、展開はスピーディ。
     ただし、SFとして読むと、バックボーンの弱さや、設定の粗さが目立つ...というか、科学的にどうこう、技術的にどうこうみたいな話は全くないし、SF的な設定を少し借り受けて来ただけ、みたいな感じ。ジュブナイルと割り切って読むべきだと思う。
     何より、ジュブナイルであるということが非常に強く意識されているようにも感じた。凄くメッセージ性の強い内容だったし、あとがきからも、テーマにこだわって執筆されたことが伺える。
     読んでいて一番思ったことは、古い、ということ。その古い雰囲気自体は、どこか懐かしさを帯びていて、むしろ心地良いものですらあったが、雰囲気のみならず設定も古いし、学生像も古い。仲間と団結する様子には胸が熱くなったが、主人公の立場にしても、相手の立場にしても、こんな熱量を持っているということ自体に、今となってはリアリティの欠如を感じる。まだ学生が、学生としての自分たちの力を信じて、政治的な行動に行き着くことも珍しくなかった時代の尾を引いているような気がした。
     読んだタイミングが悪いのかもなあ。

    • トキオカさん
      ネタバレ注意




      古さに関しては復刊時のコメントで筆者も言及してたから、やっぱそうなんだと思う。
      ていうか、ここまで露骨にファシストを意...
      ネタバレ注意




      古さに関しては復刊時のコメントで筆者も言及してたから、やっぱそうなんだと思う。
      ていうか、ここまで露骨にファシストを意識してジュブナイル書くことなんて、今ならあるのかな。
      未来人の取った手段が若干迂遠な気がするけど、それは些細な点か。
      2020/10/30
全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年大阪府生まれ。会社勤務のかたわらSF同人誌「宇宙塵」に参加。61年、「SFマガジン」第1回SFコンテストで「下級アイデアマン」が佳作入選しデビュー。63年に処女長編『燃える傾斜』を刊行し、コピーライターを経て65年より専業作家に。71年から書いていた司政官シリーズの長編第一作『消滅の光輪』で79年に第7回泉鏡花賞と第10回星雲賞、96年に『引き潮のとき』で第27回星雲賞を再び受賞。日本SF作家第一世代の一人として長く活躍したほか、NHKでテレビドラマ化された『なぞの転校生』『ねらわれた学園』などのジュブナイル小説やショートショートなどでも健筆をふるった。著書に『妻に捧げた1778話』『いいかげんワールド』など多数。2019年11月3日逝去。2020年に第40回日本SF大賞功績賞受賞。

「2020年 『その果てを知らず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×