お父やんとオジさん(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (5)
  • (21)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771825

作品紹介・あらすじ

子供のころに一度だけ逢ったオジさんは、ボクの英雄だった-。学生時代に剣道の天覧試合に出場したオジさんは、両親とともに祖国へ引き揚げた。しかし朝鮮戦争が激しさを増すなか、山中に逃れた村の若者たちが北朝鮮軍に皆殺しにされてしまい、密告したと疑われて鶏小屋の下の穴倉に隠れ続けることに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦後の日本の風景、朝鮮戦争の壮絶さ、親兄弟の愛情深さなどが学べます。

  • 何の予備知識も無く伊集院氏の作品を初めて読んだ。戦後の混乱の中を生き抜いた在日の人たちの生き様。日本に残るか、祖国へ帰るか、どちらも困難な時代の様子が描かれていた。作者の父親をモデルに書かれたということだが、同じ民族同士が殺し合うことになる戦争の悲惨さ。どんな形、状況であれ、戦争は人を狂気に導く。生きることを最優先につらい事を我慢する意味のむなしさも感じる。上下巻読み終わった後、上巻の序章をまた読みたくなった。確認の意味で

  • 家族に対する思いが強いデスね。今の日本人には無い感覚かもしれません。女性が強くなる事が少子化を招いたのか---朝鮮戦争があり神武景気が日本にもたらせた事も余り良く思われていないのでしょう。

  • 朝鮮戦争の辛さを本書で初めて知った。同じ国の人が北と南に分かれて殺し合う事の凄まじさ、同一民族内での怨恨の為に穴倉に隠れ続けなけならねばならないオジ。救われる日はくるのだろうか、下巻に期待。

  • まとめて下巻に。

  • 会社の役員からお借りした本。
    戦争のことはよく知らない。ましてや朝鮮戦争のことはもっと知らない。同じ国の人同志が殺し合うこと
    ほど悲しくて辛いものはない。

  • 後半楽しみ

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

伊集院静(いじゅういん しずか)
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。エッセイも多く、『大人の流儀』シリーズはベストセラーとなっている。2017年日本経済新聞の連載『琥珀の夢』が刊行され、2018年10月5日、ドラマ化。2019年10月から日本経済新聞にて夏目漱石を主人公にした作品「ミチクサ先生」を連載開始。

伊集院静の作品

お父やんとオジさん(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×