女も、不況? (講談社文庫)

著者 : 酒井順子
  • 講談社 (2012年1月17日発売)
2.96
  • (0)
  • (2)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :78
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771931

女も、不況? (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嫌な気持ちになる言葉がひとつもない。
    主観と客観のバランスが自分には丁度良かった。

  • 「時代」と「女性」を斬った、とうたわれるだけあって、普遍的な内容ではない。
    読者にはある程度の事前知識が要求され、その事前知識がないとエッセイが理解できないこともある。これは、週刊誌で連載されていたときにはそうでなければ野暮の極みだったんだろうなと思うんだけれど。本にするなら脚注とかで説明いれてもよかったんじゃないかと。

  • 出身校の講演会、上
    野千鶴子さんの還暦パーティ出席、
    パフュームのコンサートなど
    楽しく読めるだけ

  • 40代女性作者、エッセイ56編。
    時代の流れを感じながら、世の中の女性を客観的な視点でみている。

  • 負け犬の遠吠えの酒井さんのエッセイ、同じ世代で子ナシ仕事アリなので共感するところが多い。というか、日頃感じてることを代弁してくれてるみたいで、そうそうとうなづいたり、プッと吹き出しながら、あっという間に読んでしまった。

  • 34歳で57%、38歳で58%と伸び悩んでいた同窓会の結婚率が、意外にも42歳で62%まで上昇したのね。

  • 気分転換にはちょうどいいです。

  • 酒井順子は「負け犬の遠吠え」で一気に有名になった人。
    「負け犬」もそうだっだけれども、世相というか時代というかについても語っていながらも、肩に力の入っていないエッセイになっている。

  • 時々くすっと笑える。
    日常の何気ないことを、時事問題と上手く結びつけたり、と、まとめ方やつながりがとても上手。才能。

全11件中 1 - 10件を表示

女も、不況? (講談社文庫)のその他の作品

酒井順子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

女も、不況? (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする