キング&クイーン (講談社文庫)

著者 : 柳広司
  • 講談社 (2012年2月15日発売)
3.00
  • (17)
  • (79)
  • (224)
  • (83)
  • (14)
  • 本棚登録 :1034
  • レビュー :156
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062771986

キング&クイーン (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「トーキョー・プリズン」で柳さんの物語と出会った。
    それから「ジョーカー・ゲーム」のシリーズを追いかけ、この物語を手にとった。
    面白くないわけではない。
    けれど、結末での大どんでん返しをいかすための伏線…というのが読み終わってから少し興ざめした。
    主人公である安奈が魅力的に思えなかったのも原因のひとつかもしれない。
    アンディはとても癖のある人物だと物語の中でも語られていたけれど、実際にはそれほどの偏屈さも変人ぶりも感じられなかった。
    浅いところで物語が進んでいく。
    もう少し踏み込んだ描写が欲しかったような気もした。
    結末ありきの物語になってしまっているのが残念だ。

  • スパイを描いた「ジョーカーゲーム」は連作短編だったが、今作は長編である。あの切れ味は長編でははどうなるや?と思いつつ読了した。

    ん~氏はやはり短編が得意なのだと思う、サスペンスフルな展開が急遽収束してしまい、さして緊迫した危険ではなかった。国際謀略と思ったら、近所のイジメ合戦だったんだ!というような感想しか持ち得なかった。

    チェスの世界チャンピオン及び、その勝負の世界が背景にあり、ジャンルは違うが「猫を抱いて像と泳ぐ」を思い出す。チェスに取り付かれた人の描写は共通点が多々あった。チェスのルールくらいは勉強してみようかな?と思わされた。

    ヒロインのキャラ立ちは非常によかったと思う、元SPで高身長モデル体系、愛想のない怜悧な美貌、祖父から古武道を受け継いでいる。シリーズ化の構想があるのだろうと思える。

    ちょっと残念に思えるものの、これから進化していく物語かもしれない。

  • 正直に言うと騙されました。
    トリック的にはよく見るものでしたけど、柳さんがやるとは・・・って感じですかね。
    読みやすい作品ではありました。

  • 「う〜ん、こんなものか、、、」と言うのが正直な感想だ。
    文章の書き方は読みやすく、心地好い。
    ポイント、ポイントの展開も面白い。
    ただ長編にしてはもう少し捻りが欲しいところだ。
    ところで、オビの所に書いてあった "衝撃のドンデン返し!" って、どこの事なんだろうか、、、、分からない。

  • 成り行きで元SPがチェスの世界チャンピオンを守る事に。誰が何の為に。敵が見えない中、昔の上司とも敵対する。守るきる事が出来るのか?
    オチに近づくにつれ、話がどんどんスケールダウンして行く。チェスの話などは面白いけど、ストーリー的には今ひとつ。文章構成的にトリックはあったけど唐突すぎて不自然だった。

  • 面白かった

  • 悪くなかったけど、展開に違和感もある。主人公が魅力的になり得たので勿体無いと思う。あと、気になる間違いもあったな。

  • 二度読み必至!! 新たなる「ゲーム」、ここに始まる。

    「巨大な敵に狙われている」。元警視庁SPの冬木安奈は、チェスの世界王者アンディ・ウォーカーの護衛依頼を受けた。謎めいた任務に就いた安奈を次々と奇妙な「事故」が襲う。アンディ(キング)を狙うのは一体誰なのか。盤上さながらのスリリングな攻防戦(ゲーム)――そして真の敵が姿を現した瞬間、見えていたはずのものが全て裏返る!

    <ゲームを始める際の心得>
    一、相手の手を、注意深く読め。
    一、相手の心を、注意深く読め。
    一、考えろ。無限の可能性を疑え。

  • 表題の意味が最後に来るまで分からなかった…
    いつもながらグイグイ引き込まれました。
    どうしてもページを捲る手を止められないけど、ゆっくり味わいながら読んだ方が美味しい本です。

  • 元SPの冬木安奈。成り行きでチェスの世界王者アンディの護衛を依頼される。変わり者のキング、アンディを狙う敵は誰だ?
    物語はアンディがチェスを始めた頃、安奈のSP時代、そして現在が交差しながら進み、否応なしに引き込まれる。ゲームが動き過去と現在が繋がった時、敵の正体が見えて来る。
    チェスを全く知らない私でもグイグイ引き込まれ、驚きの中で読了出来たのは流石。仕掛けがなくても、安奈の過去話や元上司との絡み、面白かったです。天才チェスプレイヤーの天才が故の苦悩。己の全てを賭けられるほど魅了されるものがある事は、幸せと同等の孤独や葛藤があるんだね。凡人の私には難しいですが。

全156件中 1 - 10件を表示

キング&クイーン (講談社文庫)のその他の作品

柳広司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

キング&クイーン (講談社文庫)に関連する談話室の質問

キング&クイーン (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする