密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (39)
  • (164)
  • (165)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 1063
レビュー : 120
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王手飛車取りの続編。密室殺人ゲームの5人が"帰って"きた…!でいいよね?www
    本著序盤で前作との繋がりがある大きな種明かしが出てくるのだが、受け入れると前作同様かなり楽しめる作品です。
    終盤〜ラストがクリフハンガーな終わり方してしまうのは王手飛車取りと一緒で、そこにモヤっと感を残すので☆4。そして本著の更に続編のマニアックスは蛇足に感じたのでレビューは無しでww
    王手飛車取りと2.0は十分に愉しめる良作!ただ新しい2.0の続編を書いて欲しい…読みたい

  • チャットの語調、ダルダル感満載。魅力的なキャラクターが居ないので全く話に引き込まれない。よく2.0を書く気になったもんだ。

    ミステリーのトリック作成にハマりゲームで人を殺すのは構わないが、殺される方は迷惑どころの騒ぎじゃない。オチは自分たちがそういう標的になってつけてもらいたかった。

  • 密室殺人トリック研究会メンバーによる、実演と議論の話、設定が面白くて続きがもっと読みたくなる

  • ハウダニットに支点を置いたミステリ。
    「密室殺人ゲーム」シリーズの中では2.0が一番好きです。中でもザンギャ君とaXeのトリックが面白い。

  • 前作の続きかと思いきやそういう展開か・・・。
    最後の終わり方がなんか腑に落ちない感じ。

  • 「閃いた瞬間、これ以外ないと、ビビッときた。」

    密室殺人ゲームの続編。前回の終わりに触れずに物語は始まる。それは、同じような殺人ゲームを行っている集団がほかにもいるという事実からだ。この作品は、自分たちの考えた殺人トリックを使ってみたい、そしてそれを誰かに挑戦してもらいたいと思う人々が主人公だ。上記の一文が動機を表している。

    正直に言うと、読んでいてどんどん続きが気になった。なぜなら、いったいどんなトリックを使ったのか気になったからである。結末も結末でよかった。叙述的作品として前作のつながりもわかり、それもよかった。よかった。それ以外になんといえばいいかわからない。

  • 前作の最後が気になって物凄い勢いで途中まで読みました。最後と繋がりが分かってからはスローダウンですが、でも面白かったです^^
    今の時代、これが笑えないから余計怖い。

  • 王手飛車取りがよかったこともあり、期待値が高かったのか拍子抜け感が否めない。
    前作のラストとの繋がりが早く知りたくて、頁を捲る手は早くなっていた。
    全体的には面白かったけど、前作越えはない。

  • 話の内容よりも、前回のラストから一体どうなったのか?というのが中盤まで気になる。

    もちろん話自体も楽しめる。
    平気な顔して殺人をこなせる登場人物たちはやはり怖い。

  • 前半は前の繰り返しのような感じで若干マンネリ気味でしたがやっぱりこの方の作品は最後にどんでん返しが待っているのね。とりあえずマニアックスを読もう。

全120件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1961年千葉県生まれ。東京農工大学卒。88年『長い家の殺人』でデビュー。2003年に刊行された『葉桜の季節に君を想うということ』が「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」共に第1位、第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞を受賞。10年には『密室殺人ゲーム2.0』で史上初、2度目となる第10回本格ミステリ大賞を受賞。その他の著書に、『世界の終わり、あるいは始まり』『家守』『ずっとあなたが好きでした』等がある。

「2019年 『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)のその他の作品

歌野晶午の作品

ツイートする