密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (39)
  • (164)
  • (165)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 1063
レビュー : 120
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残念。

    前作の続きかと思ったら…

    それは別としても、何故か物語に入り込めなかった。

    この小説って、ネットにはこんなクレイジーな人も居そうって思わせれば成功なのだと思うが、残念ながらどこまで行っても創作という感覚だけでした。

    設定上仕方ないけど、ホントにテキスト上だけの法螺ばなしみたいで、現実感が薄過ぎるのがちょっとツライ。

    それと、入り込めなかった原因は、前作の続き教えろや!ってズーッと思ってたからかな?

    正直、オススメしません。

  • 「殺人事件って楽しい^^殺してみたい^^」って思ったことがない人は、あとがきから読むべきです。そうでなければただ不快なだけの本になります。あとがきを読むと、「うーん、なるほど、こういうことがやりたかったんだな」と思うのですが、なかなか人を選ぶ本だと思いました。

  • 前作の方が好きだった。今作はキャラクターが全体的に好きになれず。前作同様オチが好きじゃない。

  • 新鮮な本だな

     動機がとか人物が薄っぺらいとかいったことは超越している。つまり、ゲームとして一切それらを省略している。

     その上で密室殺人トリックに全力を傾けるオンラインチャットのメンバーたち。

     彼らを通じて披露されるトリックはあまりぱっとしないんだけど、語り口が新鮮で楽しかった。最終話は展開が読めてしまったが、シリーズは本書を含め 3冊あるから楽しみにしておこうっと。

  • 前作のラストがあったから読んでみた。それだけになってしまったかな。このオチなら前作のラストはなくて良かった。各トリックは前作同様、良い感じかと思います。

  • 前知識なく読みました。

    前作の続編かどうか知らずに読み始めました。
    前作を読んだ人はあることに気づきそれが一つの謎になります。その謎の解明がつまらなく、そこで少しげんなりしました。

    章タイトルが少し凝っているなと感じて終わりました。
    でも、最後の殺人事件は良かったです。

  • 面白くないので途中で読むの諦めた。。。

  • なんともすっきりしない感じでした。とりあえず続きを注文しましたが、この先どうおさめるんでしょうね。

著者プロフィール

1961年千葉県生まれ。東京農工大学卒。88年『長い家の殺人』でデビュー。2003年に刊行された『葉桜の季節に君を想うということ』が「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」共に第1位、第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞を受賞。10年には『密室殺人ゲーム2.0』で史上初、2度目となる第10回本格ミステリ大賞を受賞。その他の著書に、『世界の終わり、あるいは始まり』『家守』『ずっとあなたが好きでした』等がある。

「2019年 『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)のその他の作品

歌野晶午の作品

ツイートする