墨痕 奥右筆秘帳 (講談社文庫)

著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2012年6月15日発売)
3.69
  • (7)
  • (24)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772969

作品紹介

鷹狩りで将軍を護った柊衛悟は、念願の立花家婿入りが決定的に。両家は加増に浴すも、併右衛門は奥右筆でいられるのか。復権に執念を燃やす定信は幕府転覆を狙う京からの刺客と手を結ぶ。異例ずくめの大奥での法要が実現、読経する闇の僧たちが将軍の前で牙を剥く!最高潮、圧巻の第十巻。

墨痕 奥右筆秘帳 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 覚蝉さんが追いやられて気の毒。

  • シリーズも佳境に入り、今後の展開がさらに楽しみに。

  • 松平の陰謀もこれで終わりか?
    奥右筆恐るべし

  • 第十弾
    執念の定信は京からの刺客と手を組み、大奥で
    色々な組が入り乱れ迫力

  • 寛永寺創建(1625)

  • ついに踏み越えてはならない線を越える
    この作品は踏み越えすぎですが・・・
    奥祐筆を避けた表祐筆主導の大奥での法要に
    朝廷の刺客が!
    見過ごすには自分にも火の粉がかかる!
    仇敵の伊賀組頭を動かす立花の言葉
    虚々実々のやり取りに息をのんでしまいます

  • 続きどうしようかな。

  • 奥右筆シリーズ10作目。



    私、覚蟬が初め出て来たときに、野心にまみれた腹黒い人たちや、そんななかでしたたかに生き抜く人たちのなかで、ひとり、そういうこととは無縁で、それだけに他の人たちにちょっとした影響を与えていく…的な役割なのかなと思ったの。全然違ったけど(笑)。でも、そういう役割の人がこの物語のなかにいれば、もっと好みなのになと思う。

  • 奥祐筆シリーズ・10
    ついに2桁!キターー^^
    まさかここまで続くとは・・ と作者も思ってるのじゃなかろうか・・?^^

    そのせいなのか やはりネタぎれ・・ ?な感じが
    この巻から登場する ポッと出の僧侶が何しろ胡散臭いッ!
    あと島津家も出してきたけど ちょっと強引な展開すぐる・・

    ま 面白ければいいんだけどね^^
    もともと歴史モノなハードボイルドだからね
    そう思って読めば 後出しみたいに出てくるやたら強い僧侶も納得できるか
    でもヤツはきっと死にキャラだろうな とりあえずネタ切れ中のつなぎキャラってとこでしょうか・・?

  • L 奥右筆秘帳10

    いやぁ、併右衛門と衛吾コンビほとんど出番なし。前作の家斉殺害未遂で一段落したかと思いきや、第二弾。こちらは衛吾の絡みもなくて盛り上がりに欠けた。併右衛門の知らぬところでいろんなことが起きてたけど、それ、必要なのかね?冥府の戦いなんて何故組み込んだのかねぇ、よくわかんないんだけど。関係者がバッたバッた死んである意味一掃された感じだけど、結局のところこのシリーズはどこにむかっているのかね?併右衛門の隠居まで?? なんだか衛吾の軽さも目立った感じだし、剣は強くなるのに人間的には成長なしでは魅力にかける。

全15件中 1 - 10件を表示

墨痕 奥右筆秘帳 (講談社文庫)のその他の作品

1-B078YDT2FNの詳細を見る Audible版 1-B078YDT2FN 上田秀人

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする