獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.29
  • (470)
  • (405)
  • (149)
  • (4)
  • (6)
本棚登録 : 3034
レビュー : 236
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773447

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第2巻の最後から10年あまりが経過し、主人公のエリンも一児の母になっていた。結婚相手は、第2巻までに登場した想像どおりの人物であり、思わず、にやりとした。
    この空白の期間にエリンは幸せな時間を過ごしたが、国家には深刻な問題が生じつつあった。それによって、エリンたちは再び公的システムに頼られ、それが運命かのように厳しい人生を生きることになる。また、第2巻まででは謎のままであった国家の伝承や過去の出来事も少しずつ明らかになってくる。
    国家やエリンたちがどこに向かうのか、どのような過去が明らかになり、どのような結末を迎えるのか、先が楽しみだ。

  • 2巻から11年が経ち、エリンも母になりました。闘蛇の大量死の原因を突き止めよう動き出します。それは母の命を奪った原因を突き止めることです。
    この巻では政治的な事もかかわってきます。真王・大公の指示に従う事がこの国にとっていちばん良いのか。イアル・ジェシ、王獣を匿われた世界で生活させたくないというエリンの母性にも涙でした。エリンは突き止めたい探究心と妻/母の気持ちの間で葛藤します。。ファンタジーでここまで感情移入し涙したことはありません。心から応援したり世界にどっぷりはまっています。4巻へ続きます。

  • 再読☆今から未読の4巻へ!

  • 質・量ともに、聞きしに勝る大作だった。

    親と子、あるいは夫と妻の間の家族愛、学ぶことの尊さ、生き物を慈しむことの大切さ、そして人と人とが争うことへの根元的な問い掛け…と、内包するテーマは数多い。
    とどのつまり、それらを全部ひっくるめて、命を授かってこの世に生きること、に真っ向から挑んだ作品と言える。

    作者の上橋菜穂子氏が言うように、確かに"闘蛇編"と"王獣編"の2巻で、物語は一度きれいに閉じている。
    "王獣編"の最終盤を読んでいる時に襲ってくる、あの深い感動は、まさにクライマックスのそれに他ならない。
    だから、3冊目の"探求編"以降を読み進めるに当たっては、もちろん期待も充分にあるのだが、それと同時に些少の不安も抱いたことは事実である。
    しかし、それは結果的に杞憂に過ぎなかった。
    「北斗の拳」が"ラオウ編"で見事過ぎる結末を迎えた後、続く"カイオウ編"でもその価値を失わなかったように。
    本書には、"神々の山脈(アフォン・ノア)"や闘蛇と王獣の秘密などにまつわるいくつかの謎が、ミステリーの要素として組み込まれてもいるが、正直、それらが明かされる過程やギミックはシンプルなものであり、それほど読者を驚嘆させるような仕掛けではない。
    でも、通常の小説であればクオリティーの本質に拘わり得るそれらのパーツの出来そのものが、この作品の場合は、極論すれば枝葉に過ぎない、それほどまでに極太の本流がド真ん中を貫いており、確実に読者を物語の世界へと引きずり込むことに成功している。

    第2巻、"王獣編"のクライマックスと同様に、最終第4巻、"完結編"が終わろうとする時には、抑えようもなく双眸に感情が溢れてしまったわけだが、単純に、そのことがこの作品を読む価値を表している。

  • 一生懸命に取り組んでいこうとするエリンと、周囲の思惑が交錯し、益々悲しい運命に突き進む主人公がかわいそうで仕方ない。

  • 大人になりイアルと結婚してジュシという男の子を設けたエリン。幸せな生活は長く続かず、大公から王獣部隊をつくるように命令される。苦悩の末に王獣や闘蛇の飼育方法につきまとう王祖の命じた謎を解き明かし、己の信じる在り方を貫こうとする。1人の力では何も変えられない。でも松明の火を手渡していけば多くの人が灯りを得られるように、世の中を変えていけるかもしれない。自分はその松明を手渡す人になりたいというエリンの言葉が印象的。

  • [ 内容 ]
    <1>
    リョザ神王国。
    闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。
    母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。
    苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。

    <2>
    カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。
    決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく―。
    新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。

    <3>
    愛する者と結ばれ、母となったエリン。
    ある村で起きた闘蛇の大量死の原因究明を命じられ、行き当たったのは、かつて母を死に追いやった禁忌の真相だった。
    夫と息子との未来のため、多くの命を救うため、エリンは歴史に秘められた真実を求めて、過去の大災厄を生き延びた人々が今も住むという遙かな谷を目指すが…。

    <4>
    闘蛇と王獣。
    秘められた多くの謎をみずからの手で解き明かす決心をしたエリンは、拒み続けてきた真王の命に従って王獣を増やし、一大部隊を築き上げる。
    過去の封印をひとつひとつ壊し、やがて闘蛇が地を覆い王獣が天に舞う時、伝説の大災厄は再びもたらされるのか。
    傑作大河物語巨編、大いなる結末へ。

    [ 目次 ]
    <1>


    <2>


    <3>


    <4>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 感想は最後まで読んでから、かな。安易じゃないのがいいね。

  • 感想がまとまらない。

  • [2014.09.16]

全236件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)のその他の作品

獣の奏者 (3)探求編 単行本 獣の奏者 (3)探求編 上橋菜穂子

上橋菜穂子の作品

ツイートする