獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.29
  • (470)
  • (405)
  • (149)
  • (4)
  • (6)
本棚登録 : 3034
レビュー : 236
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773447

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻でやめておけば良かった。
    エリンのワガママっぷり&人の話を聞かなさすぎについて行けず。世界観もはまれず。ファンタジーは「もっとこの世界を見たい感じたい」と思わされないとキツイ。話のヒキが強いので読まされてたけど、この3巻ではそれも弱く。と思ったら、元々は2巻で終えるつもりだったのね。なんか納得。平易な表現を、普段使わないような言い回しにしたような文章もあざとく見えて苦手。

  • 私の感想はおそらくかなり少数派だと思うが、相変わらず身勝手なエリンにうんざりさせられた。文中で「イアンとエリンが身勝手なら・・・」といったような描写があったのでびっくり。こんな身勝手な登場人物、なかなかいないと思うんだけど。

    襲われている父親を放ってリランの後ろに逃げ込むジェシもただのクソガキにしか見えず、登場人物が揃いも揃って不快な人物ばかりである意味すがすがしいくらい。まともなのはイアンとエサルぐらいか。

    それにしても一巻から終始疑問に思うのは、他者への迷惑を顧みず、己の知への欲求を貫こうとするエリンの姿勢。こんなの青い鳥文庫に入れちゃっていいの?
    親になっても変わらないその姿勢に、読んでも不快になるだけでこれ以上読み続ける価値はないと判断したので、私はここでリタイア。図書館から借りた本で良かった。

    上橋菜緒子の小説はこれが初めてだったし一作だけで判断はできないけど、私には合わないのかもしれない。
    作りこまれた世界観は見事だし日本語もしっかりしているだけに残念。

  • 2014年5月

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)のその他の作品

獣の奏者 (3)探求編 単行本 獣の奏者 (3)探求編 上橋菜穂子

上橋菜穂子の作品

ツイートする