散斬 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)

著者 : 佐伯泰英
  • 講談社 (2012年9月14日発売)
3.42
  • (2)
  • (10)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
  • 126人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773614

作品紹介

時代の大老井伊直弼は四面楚歌の政局打開の鍵と考え、座光寺藤之助を味方につけるべくひそかに上海に手下を送る。藤之助は江南の水郷を旅していた。案内役の劉源は、仇敵黒蛇頭から逃れてきた男だった。そして玲奈は遠きバタビアで父の面影を追う。新・幕末小説は舞台を広げ新たなステージへ。

散斬 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひと山終わったと思ったら、藤之助最大のピンチに....。
    次週に続く。

    気になって寝られん。

  • 劉源という新しい仲間を入れて幅を持たせた。黒蛇頭との関係は?

  • わくわくどきどきで少年の夢。好きですよ。

  • 藤之助はもはやお友達になってしまっている、くらいのところまで読みすすめてます。

  • 気になるとこで終わっている…

  • 佐伯作品で、主人公が敵の手に落ちるって、初めての展開のような気がする。

  • 第十七弾
    最新作を読んで途中を飛ばしていることに気づく
    話としては続いているのは前からだが、今回、主人公が捕らわれて終了
    大老井伊との駆け引きは?
    今後幕末をどのように乗り切っていくのか
    貿易の仕事があるから問題ないか?

  • 本シリーズも早17巻目。どう進んでいくのか、まったく見当がつかないが、まだまだ続きそう。今回は上海での話しだが、なんとなくつなぎっぽい。背景の歴史が大きく動きそうなだけにそれにあわせるための時間稼ぎかな?

  • 途中まではただのつなぎっぽい感じだったのに、最後の方でなんと、藤之助の身に!っていう展開になっています。
    次巻が早く読みたい~。

  • 133

全12件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

散斬 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする