絞首刑 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (14)
  • (20)
  • (10)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 200
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062774079

作品紹介・あらすじ

国家の名のもとに、命を奪う「死刑」。著者は、数々の証言から執行現場を再現しつつ、実際に起きた五つの事件を通して処刑に至る道程を検証する。なかでも、一九九四年発生の連続リンチ殺人事件で死刑判決を受けた元少年たちへの取材は精緻を極める。死刑制度の根幹に迫った、渾身のルポルタージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  保身と倫理が対立した場合、たいていは保身に走る。
    刑法に関わる部分で保身に走った場合、その保身は死刑という殺人を伴う可能性があり、冤罪が起こる限り合法的な死刑が殺人である場合がある。

     死刑確定確定後に再審によって無罪となった冤罪事件は
    免田事件(逮捕1949年、再審無罪1983年)
    財田川事件(逮捕1950年、再審無罪1984年(丸年)
    島田事件(逮捕1954年、再審無罪1989年)
    松山事件(逮捕1955年、再審無罪1984年)
    足利事件(逮捕1991年、再審無罪2010年)
    と5件となっている。ちなみに、『BOX』という映画にもなった袴田事件は再審判決後、現在は審理中となっている。

     先進国で死刑制度がの残っているのはアメリカの幾つかの州と日本だけで、アムネスティ曰く、世界が死刑廃止に向かう理由は人権に対する配慮が大きい。
     しかし、本書を読むと、日本においては、人権といった大乗な概念ではなく、冤罪が起こっているという事実によって死刑制度は廃止されるべきということがわかる。

     本書には大きく2つの文脈があり。1つは死刑囚にまつわる、出自から犯行の動機、そしてその後の心の変容についてのルポ。
     そしてもう1つは、死刑制度にまつわる、接見や冤罪といった制度についての分析。
     1つめの死刑囚にまつわるルポでは、懺悔し更生していると思われる人がいるのに、死刑という極刑は必要なのかという問題を提起している。
     2つめの死刑制度にまつわる調査では、政府が冤罪をうやむやにしようと死刑を執行したという調査結果を記している。
     特に2つ目の指摘は、冤罪の可能性の生まれた死刑囚の死刑執行を早めて、DNA鑑定のミスをうやむやにしようとしているのではないかという指摘である。
    このような隠蔽体質は、
    三井環事件 2002年
    陸山会事件 2011年
    高橋洋一郎逮捕 2009年
    などにも見受けられ、都合の悪いことは、強引に隠蔽しようとする体質が見える。
     上記の出来事を踏まえると、本書を読む限りは本当にうやむやにしようとして死刑執行をした気がする。

     そのなりふり構わない行動は、たまに私たちの目にも入ることがあって、目にする度にゾクッとする。死刑を廃止にするか否かを考える時、私たちは被害者側に身を起きがちである。
     それは、自分が死刑に値するような犯罪を起こすことなどないという思い込みから来ているのであり、確かにほとんどの人が殺人なんてしないんだけど、画一的社会から一歩足を踏み出した途端、力ある人に目をつけられる。それは殺人に限らず、権力に接触した場合にも起こりうる。

     2017年に共謀罪が成立したことで、こんな体質の警察や検察がより動きやすくなって大丈夫なのかと心配になる。

  • 後半はとんでも本。ルールを無視して開き直り。法務省矯正局の批判に終始。

    • ことぶきジローさん
      著者は最近、テレビでも見かけますね。違和感のあるルポルタージュでした。多くの方が良いコメントを書いているようですが、自分はこんなのはルポルタ...
      著者は最近、テレビでも見かけますね。違和感のあるルポルタージュでした。多くの方が良いコメントを書いているようですが、自分はこんなのはルポルタージュじゃないと思いました。
      2016/05/31
  • あれれ。最後の最後に論旨がズレてる。死刑制度の是非を巡るルポルタージュだと思って読んでいたのに最後の最後に刑務所や拘置所に対する批判に変わってる。さらには連続リンチ殺人事件の死刑判決を受けた元少年に対する主観だけでの擁護とは一体。この本は何なんだろう。こんなのはルポルタージュでも何でもない。酷いな。

  • 死刑のさまざまな「当事者」に、これほど密着したルポは少ないんじゃないだろうか。青木理は、ワイドショーのコメンテーターをやっているせいでなめられがちだが、これはいい本だった。正直、死刑は廃止すべきだな、うん。

  • 死刑囚や被害者遺族に対する調査・取材をもとに、死刑制度について語った本。私は、死刑制度に格段の関心を持っているわけではなく、同テーマについての知識をつけたり、考えを深めてきたことは無かった。しかし、本書で大きく扱われていた、取材をもとにした死刑囚の考えや行動、冤罪に関する事案について触れ、司法や犯罪に関する感覚がすこし敏感になったと思う。インタビューや事件の経緯の細かく丁寧な記述は読みごたえがあり、取材や調査においては、とても粘り強く多大な力をかけて実施されたことが伝わってくる。末尾の方の、法務当局や拘置所への批判は、大切なことだとは思うが、やや感情的になりすぎている印象もあり、それまでの流れとのつながりも踏まえて、別の場所で語ってくれても良かったかなあと思う。

  • 日本の死刑制度について、死刑囚、被害者遺族、刑務官、教誨師といった人々を丁寧に取材し纏めた一冊。

    青木さんはテレビでコメンテーターとしてもよく出演される、いかにもジャーナリストな雰囲気の男性。
    青木さんが知人によく似ていて、テレビで拝見するといつも似てるなあとしげしげと眺めてしまう。そうなると著書にも興味が出てきてこちらを読んでみることにした。

    死刑制度や死刑囚についてのルポルタージュは既に多く出版されている。
    それらとの違いとしては、死刑制度に関わる人間を包括的かつ中立であるように書かれていること。
    冷静な文章であるので、読者を悪い奴らは死刑にしろと煽ることもなく、死刑は残酷だから廃止すべきだとも叫ばせない。

    死刑の是非、日本の法制度などをこちらで意見することは避けたい。
    それぞれがそれぞれに考え方があるものだから。
    ただ、自分には関係のないことと考えないことが最も悪だとは思っている。
    考えたら何かが変わるわけではないけれど、自分の考えを持たなくなったら人間じゃなくなるので。

    本書では実際の死刑囚(本人取材時は未決死刑囚)が何人か登場する。
    中には冤罪を疑わせる人物が、既に処刑されてしまっていることには大きな衝撃を受けた。
    死刑に関しては取り返しがつかないので、冤罪でしたごめんなさいでは済まない。
    国家が、例え凶悪な人物であっても人を殺すことは殺人ではないのか。人を殺していいのか。
    以前は人を殺したら命で償って当たり前と迷いなく思っていたが、よくわからなくなってきたというのが本音だ。

    また、被害者遺族の思いも当然ではあるが全く同じということはない。
    大切なひとが殺されたのだから、犯人には死んで欲しいに違いないというのは、それこそ大切なひとを殺されたことのない人間が勝手にする妄想でしかない。
    もし、被害者遺族が望まないのに死刑を執行するのだとしたら、誰のための死刑なのだろうとも思う。それと共に被害者遺族であっても、遺族は遺族でしかなく、実際に殺された被害者の気持ちは知りようがない。
    社会の納得のための死刑や、被害者の報復のために死刑があるというのも何かおかしい気もする。
    考えはじめると深い穴に落ちるようで、これが答えですというものが見つけられない。

    死刑に関わるひとで取り上げられていない人物として、裁判官がいる。
    自らの言葉でひとりの人間に死刑を言い渡す気持ちとは一体どのようなものなのかを出来たら知りたかった。
    また、死刑が一審で確定することはまずないが、一審で死刑を支持した一般裁判員の気持ちも知りたいところではある。

    青木さんも書かれているが、厳密に言うと日本の死刑方法は絞首刑ではない。
    縊首が正しいとわたしも思う。
    細かいことなので、どっちでもいい気もするけれど。
    それにしても、絞首刑という言葉の響きと文字は刺激的だと思う。
    その刺激的な文字が太く書かれ、横に絞縄が描かれる表紙もまた随分強烈なものがある。
    これから読むものは、作り事ではなく日本で実際起きていることだと覚悟を求められているようにも感じる。

    被害者も加害者も、事件が起きるまではきっと、自分に死刑が関わってくるなどと思ったことは無かったはず。
    それでもある日、突然大きな問題となってしまう。
    決して他人事などと片付けられることではないのだ。

  • 知る事は大事だと思います
    読んで損はない

  • ”死刑”の当事者たちにこれだけ迫ったルポはない。
    ”死刑”を取り上げた書籍は、その制度の特質性ゆえに、制度へのゼヒを問うものが多い。
    しかしこの本は現実だけを描いている。
    特に、被告人への迫り方と被害者家族へのインタビューはこれまでの書籍にないほどのものだ。
    特に、
    元少年たちの罪と罰
    は考えさせられた。
    僕は死刑廃止派。
    人を殺すことではなにも解決しないと思っている。
    しかし、著者も書いているが
    崖から転落した人を崖の上から「かわいそうに」とつぶやき、崖から人を落とそうとしている
    今の社会のあり方の最終地点的なところが一番嫌い。

    ”死刑”は今、恣意的な力でブラックボックスの中にある。
    それも世界の流れ、時代の流れにそっぽを向いて。
    そこに真正面から針をはけたすばらしい作品です。

  • 死に立ち向かう刑務官は何を感じるのか……。
    ”本”だからこそ、淡々と真実味を持ってうかがえます。
    (シオリさん)

  • 冒頭の処刑シーンが強い印象を残すが、実は死刑囚の人間性をあぶり出し、読者に「死刑」について考えることを求めることがおそらくは著者が期待するこの本の目的だ(たぶん)。

    本書には多くの死刑囚が登場する。同じ死刑囚でいずれ首をくくられる(もしくは、すでにくくられた)といっても彼らは当然ながらそれぞれだ。

    覚醒剤の影響が強く殺人を犯し、獄中で悔恨の中クリスチャンとなり、そしてなぜかクリスマスに処刑された今市四人殺傷事件の藤波死刑囚。
    面会を通して被害者遺族との関係を築いた半田保険金殺人事件の長谷川死刑囚。
    日本の司法に絶望し、だから謝罪も反省もしないといって死刑となる熊谷四人拉致殺傷事件の尾形死刑囚。
    自らの無罪を主張し続けおそらくは足利事件と同じく誤ったDNA鑑定による誤審であった可能性が高かったが、そのまま処刑された飯塚事件の久間死刑囚。
    そして少年時代に犯した罪を悔いる木曾川・長良川連続リンチ殺人事件の三人の元少年死刑囚。

    この中で木曾川・長良川事件は、それぞれの死刑囚のエピソードの間に、二章に一回の割合で登場する。途中まで、筆者がなぜそこまでこの本でこの事件に特別にこだわるのかわからないので、あれっまただ、という感じで違和感があった。後になり、同死刑囚と筆者の特別なつながりが分かってくる。特にその中の死刑囚の一人とは、頻繁に面会を繰り返している。彼は遺族へ謝罪の手紙を書き、刑務所内の作業で貯めたお金を送る。遺族の中には、死刑にならないよう嘆願書を出すものもいた。当時未成年であった。更生の余地がないとは思えない。それでも死刑は確定した。



    死刑 -「先進国では米国と日本のみ」という枕詞が残る死刑制度。

    死刑の意義とは何だろうか。遺族の存在ではない。それは遺族がいなければ死刑にしなくていいのかという仮想の問いから論理的に明らかだ。犯罪抑制のための統治の手段なのか。凶悪犯罪が減っているのは事実だが、それが死刑の有無と関係あるとは思えない。おそらくは死刑は凶悪犯罪発生の抑止力にもなってはいない。またそもそも司法による刑罰の目的が犯罪者の更生であるのであれば、死刑はその目的に反する。更生の可能性がないことが死刑の条件になっているわけではないからだ。もちろん、かつて欧州そうであったように死刑は娯楽ではない。逆にその執行は隠される。

    本書は、人が人の命を奪ってよいものか、というような単純な主張ではなく、そのような矛盾をはらむ死刑制度に対する疑問を、実際の死刑囚の描写を通してぶつけたものだ。
    死刑囚の中には、心から悔い改めているものがいるかもしれない(今市事件)、遺族が決して望んでいないものがいるかもしれない(半田事件)、司法への不信からいっそのこと殺してくれた方が楽だとのみ思っているものがいるかもしれない(熊谷事件)、本当は無実のものがいるかもしれない(飯塚事件)、そして更生の余地が十分にあるものがいるかもしれない(長良川事件)。
    そして、法律の定めがあるわけでもないのに、その公開を頑なに拒む刑務制度にも強い疑問を呈する。

    死刑が他の刑罰と違うのは決定的にその執行が不可逆的であることだ。
    遺族は苦しみ、生き残った者は苦しみ、そして加害者も苦しむ。そこで第三者が苦しみもせず葛藤もなくある事件の犯人に対して死刑を当然と求めるのは、相当に違和感がある。また死刑制度自体も考えもなく賛成することにも。死刑がなくならないどころか廃止さえ議論の俎上に上らないのは、第三者である私たちがそれに対して何も意見を持たないからだということではないだろうかと思うようになった。

    そして、現状の検察と裁判にゆがみがあるとして、死刑の可能性もある裁判を、裁判員制度は、果たして今のままで正しき制度なのだろうか。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。著書『日本会議の正体』『安倍三代』『抵抗の拠点から』など多数

「2020年 『時代の証言者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木理の作品

絞首刑 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする