中継刑事<捜査五係申し送りファイル> (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社 (2013年2月15日発売)
2.88
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062774529

作品紹介・あらすじ

四年前の女子高生転落死事件が、ネット上の他殺を示唆する書き込みが発端で再燃。凄まじい速さで名門校を揺るがすスキャンダルとなって広がっていく。捜査に乗り出さざるをえなくなった所轄署が事件の担当にしたのは"中継"捜査のために編成した捜査第五係だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 四年前の女子高生転落死事件が、ネット上の他殺を示唆する書き込みが発端で再燃。凄まじい速さで名門校を揺るがすスキャンダルとなって広がっていく。捜査に乗り出さざるをえなくなった所轄署が事件の担当にしたのは“中継”捜査のために編成した捜査第五係だった というのがあらすじ。
    「ニューナンブ」「街角の犬」「えれじい」の系列につながる警察小説。とことんハードボイルドでないところが面白い。

  • 捜査5係の仕事は担当が曖昧な事件や担当領域がギリギリな事案が回されてきて、担当が決まれば捜査はそちらに移る。自分たちで事件解決に至ることがあまりないから、達成感があまりないらしいですが、本のタイトルになっている割には"中継”のお仕事は、あっさりした扱いだったような…。

    途中から何の話だっけ〜?とよくわからなくなってきて
    しまいました。何度も読書中断したからかな?

    ストーリーの中に、北朝鮮に対する人道的食糧支援や尖閣諸島周辺の中国船領海侵犯、広島の刑務所から中国人受刑者が脱走し空き家に潜伏など、そういえば似たような出来事があったなぁと思える話が出てきました。サラッと流すように書かれていたので、今回はストーリーにはあまり関係なかったかもしれませんが、ある程度社会のこと勉強しておかないと、本によっては話についていけなくなるかも…と。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年北海道生まれ。日本大学法学部卒業。会社勤務を経て、91年に『ナイト・ダンサー』で第37回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。航空サスペンス、クライシスノベル、警察小説、時代小説など活躍のジャンルは多岐にわたる。また、郷里の北海道帯広で開かれているばんえい競馬を舞台にした『輓馬』は『雪に願うこと』の題名で映画化された。近著に『悪玉』『全能兵器AiCO』『血に慄えて瞑れ』『ライオットポリス』『アロの銃弾』『体制の犬』など。

「2020年 『文庫 相勤者 浅草機動捜査隊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳴海章の作品

ツイートする
×