橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (1)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062776141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
選択した評価のレビューはありません。

著者プロフィール

ルポライター。『残夢――大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』(金曜日)、『大杉栄――自由への疾走』(岩波現代文庫)など、明治大正期の社会主義者、無政府主義者を描いた作品も多い。「さようなら原発」運動、「戦争をさせない」運動などの呼びかけ人。

「2017年 『軟骨的抵抗者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)のその他の作品

鎌田慧の作品

ツイートする