新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.12
  • (53)
  • (82)
  • (28)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 558
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062776523

作品紹介・あらすじ

ニューヨークの投資ファンド社長・鷲津政彦はバブル崩壊後の日本に戻り、瀕死状態の企業を斬新な手法で次々と買収・再生していった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ハゲタカ』
    テレビ朝日/毎週木曜放送
    2018年7月19日から

  • 「ハゲタカ」
    テレビ朝日系 木曜21時00分
    放送開始日:2018年7月19日
    キャスト:綾野剛、沢尻エリカ、渡部篤郎、小林薫、杉本哲太、光石研、池内博之
    http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka
    Youtube https://www.youtube.com/watch?v=d-vEbEbHj3A

  • またまた会社の方に貸して頂いた。
    不良債権を抱えた銀行や企業の債権を安く買い叩き、手中に収めた企業を再生し利益をあげる、バルチャービジネス。これをハゲタカと呼ぶらしい。

    お仕事小説で、私には難しく感じられるのだが、これが実に面白い。
    バブル崩壊前後、自分は中高生だったが本書に書かれている数々の事件で記憶に残っているところも多い。フィクションだが、バブル崩壊後の日本を思い出す。

    登場人物それぞれの個性も非常に良い。

    読み始めるとつい時間を忘れて読書をしてしまう。

    上巻だけでもかなりおもしろかったが、
    下巻ではどんな展開が待っているのだろう???

  • すごく面白かった!
    企業再生系のお話。

  • ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、バブル崩壊後、不景気に苦しむ日本に戻り、瀕死状態の企業を次々と買収する。敵対するファンドによる妨害や、買収先の社員からの反発を受けながらも、鷲津は斬新な再プランを披露し、業績を上げていく。企業買収、再生の真実を克明に描いた問題作。

  • 投資ファンドのトップ鷲津政彦が主人公の企業買収ビジネスストーリー第一弾。
    作家が大学の先輩ということもあり手に取ったが、一発でハゲタカファンになりました。金融用語や経済の勉強にもなる一作です。


  • 一昔前に流行っていたハゲタカとか外資ファンドと、
    日系金融機関、バブル後に債務超過に陥った企業を巡るストーリー。
    主人公は日本人ながら外資ファンドのトップを任され、
    まさに日本の金融界を暗躍する。

    ビジネスマンは見積書作って、提案書書いてが仕事では無い。
    ということを強く意識させられるかな。

  • クライマックスはそれほど驚愕しなかった。

  • 主人公が本当にかっこいいです

  • 初めての経済小説(就活終わりに読み始める)

全38件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

公式ホームページ 
http://www.mayamajin.jp

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)のその他の作品

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
真山 仁
真山 仁
東野 圭吾
池井戸 潤
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする