嶽神伝 無坂(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.15
  • (11)
  • (16)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062776646

作品紹介・あらすじ

滅びる集落、≪集い≫の厳罰。無坂は山の者の知恵で、血で血を洗う乱世を生き抜いていく。さらに木暮の里を襲う凶暴な一団!書下ろし

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山の掟を破ったわたりの鳥谷衆への刑罰、集いの掟を破ってまでして妹が嫁いでいった久津輪衆を助けに行く無坂。
    200匹以上の猿との死闘ら、目を離せない展開が続く。
    最後に、二ツと無坂が出会い、次回策への期待が。
    文句なし。

  • 嶽神伝シリーズ、無坂編。上下巻。

    「嶽神」を先に読みましたが、嶽神伝シリーズはそれよりも前の時代の話の様子。アクションシーンは「嶽神」の方が断然多かったけど、こちらの方が、山の民の暮らしぶりがより具体的でかつ生き生きと描かれており、興味深く読めた。シリーズが続いているようなので、今後の作品も楽しみ。

  • まさか最後の敵が奴らだとは!
    とにかく山にいきる人々とその掟をじっくり描ききるこの作品。
    大興奮って訳ではないけど、じわじわっと来る一品です。

  • 下巻も一気に読んでみました。こっちの方が物語に展開があっておもしろく、こうやって登場人物のつながりの蓄積で話はおもしろくなっていくのかなと思いました。それと、ハッとさせられたのは宴の理由のところ。「冬が終わった」「春がきた」そういう理由をつけて集まる方が、定期的に集まるにしたって義務感を感じずにできるのかなと思いました。むしろ、そんな理由で集まる方が楽しく飲める気もする。今度やってみようかな。物語自体は、当初は「嶽神」がどこで出て来るのかとか思っていたけど、なるほど、シリーズで読むほど楽しみが増えていくそのものたちへの敬意、という意味でいい名前だなと思いました。

  • トレイル時代小説やな

  • 戦国時代、山の民の伝奇物語。武田晴信の甲斐の国統一?をベースにして、山の民の生活が語られる。かなり派手なアクションもあり、一気に読めた。

  • 忍者物でも剣豪物でもないけど活劇

  • いよいよ下巻。
    お父さん無坂がかっこよすぎてやばかった。
    上巻よりもより多くの血が流れているような、戦闘シーン多めのイメージ。
    それでいて凶暴化さした猿vs人間との戦いが凄まじかった。(殺した猿は捨てるところがないという、まさに知恵もあり。)
    そのへんは一気読み。
    ラストの方で、山の掟で外れになってしまった無坂だけど
    また違う出会いもあり。という具合に終わってしまった感じ。
    この嶽神シリーズなんと全4巻出るとのことで(上下巻を1巻と数える)
    ものすごく楽しみ!

  • だんだんと面白くなってきたところで終わり、続きに期待

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1949年、小田原市生まれ。80年、群像新人文学賞を受賞。81年「百舌が啼いてから」が芥川賞候補に。2000年『血路―南稜七ツ家秘録』で角川春樹小説賞を受賞。本作は、一度同心を退いた腕利きの爺たちが再出仕し、未解決事件の探索を行なう人気シリーズの最新作。著書に「嶽神伝」 (講談社刊)、「北町奉行所捕物控」、「高積見廻り同心御用控」(ともに小社刊)シリーズなど。2020年11月、逝去。

「2021年 『鳶 新・戻り舟同心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川卓の作品

ツイートする
×