三姉妹と忘れじの面影 三姉妹探偵団22 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/5/29~6/16

    海外出張の父を見送った空港で、綾子が見知らぬ女に連れ去られかけた。この場は女の知人という紳士が中に入り解決したが、翌朝、女は死体で発見され、なぜか綾子に逮捕状が出る。さらに、綾子は銃を持つ男に拉致された。綾子が闇社会に目をつけられた理由とは?姉を救うべく、夕里子と珠美が謎に挑む!

  • 今回は最初から飛ばしすぎ。いろいろ複雑に絡み合っていそうなんだが、最後はかなり強引に幕を引いた感じ。清々しくもあるが絡みあった謎を解きほぐして欲しかった気もする。まぁ、この作品ののりではないのだけれど。
    今回のMVPは綾子でしょうね。その筋の人がどんどんいい人になっていく。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

三姉妹と忘れじの面影 三姉妹探偵団22 (講談社文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする