NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)

  • 講談社
3.87
  • (41)
  • (44)
  • (38)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 518
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778923

作品紹介・あらすじ

炎上する矯正施設から間一髪で脱出した紫苑とネズミ。崩壊する聖都市NO.6、その先に広がる新たな世界とは。感動のクライマックス

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度目かの再読最終巻。次々と明かされていくNO.6の闇の部分、そしてネズミの過去…。ページをめくる手がとまらず一気に読んでしまいました。生きるということ、今自分が生きている世界のこと、未来のこと、色々なことについて考えさせられた作品でした。この物語の後、紫苑がどのような世界を創っていくのか気になりますが、きっと素敵な世界を創ってくれると信じたいです。この物語に出会えたことを、改めて感謝します。再会を必ず。

  • 最終巻。途中はすごく盛り上がったけど、そういう読者ばかりじゃないから。どうしたんだろうこの結末。いくつか謎も残ったままだし、あっけなかった。
    ダブル主人公みたいな話はどちらも死なないのが鉄則だけど、ここまで悪運強いのもすごいねネズミ(褒め言葉)。

  • 遂に最終巻。NO.6が如何にして創られたのか、エリウリアスとは何者なのか、ネズミは…等、残された謎が語られてゆく。
    矯正施設に潜入するまではあれだけ緻密に描かれてきたのに、最後の月の雫の崩壊は呆気ない。『THE MANZAI』にも感じたことだが、あさのあつこの作品は感情を入れ込んで書きまくり、最後には息切れして終わりを焦る書きぶりが多いような気がする。世界観の設定は面白いのに、読破後の残念感が否めない。

  • 2019.5.4
    所々のBL感に拒絶反応。
    悲壮感も中途半端に感じた。
    児童文学くらいの位置付けなのか…?
    読み切った自分を褒めてあげたい。

  • シリーズものでも一冊ずつ感想を書くことも多いのだが、このシリーズはまとめて書こうと思った。この作者の他のシリーズとは、がらりと違って暗い。環境破壊によって住むことができる地域が限られてしまった地球で、人間は6つの理想都市を作った。飢えや病気に苦しむことのない、衛生的で満たされた社会。しかし、実際には明るい世界の裏には陰となる部分が存在していた。暗い話だけれど、登場人物たちの逞しさとユーモアに救われるところもあり、続きが気になって一気に読みたくなる話だった。

  • 矯正施設からの脱出,ロストタウンの病院へ,全ての真実,エリウリアスとの対面,紫苑とネズミのそれぞれの旅立ち

  • 2018/5/30~5/31

    炎に包まれた矯正施設から、命がけの脱出を成功させた紫苑とネズミ。イヌカシらに力を借り、意識を失ったネズミを病院に運んだ紫苑は、かつて地下世界の住人・老から託されたチップを医師のパソコンに差し込んだ。すると―理想都市NO.6を支配していたのは、誰なのか。崩壊と再生の物語、怒涛の最終章!

  • 最後にもやもやさせる展開もあるが、そこはもやもやしている所が面白い所なんだとも思う。火藍とネズミと紫苑が会う場面は見たかったというか読みたかった。次巻のbeyondにも期待したい。

  • 最後のアレは必要だったのか? 中途半端なBL感なら、無い方がいい。やるならもっと、バーンとやってほしい。
    駆け抜けるストーリーは面白かったのに、全体的にくどい言い回しと、じれったいBLが残念。

    紫苑がたまに違う顔を見せるのは何だったのか?説明ないまま?そりゃないよ~。

  • 1マクベス
    2ジュリアス・シーザー
    3ハムレット
    4マクベス
    5NO.6

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする